アーサー・モリスン「ジェイゴウの子ども」22章148回

ディッキーは痣をこしらえ、すっかりおびえていたが、じきに敷物のように投げ出されてしまった。それでもどうにか柱につかまって、カウンターのほうへと這いあがってきた。マザー・ギャップは髪をふり乱して、取り乱しながらも、鍋や割れたガラスのあいだで踊りを踊っていたが、その顔は汚れ、聞き取り難い叫び声をあげていた。ディッキーはカウンターにそって歩いていって、はずれまでくると崩れた壁をのりこえたが、そこでキドー・クックの腕のなかに落ちた。キドーは、おしかけた人々と一緒にやってきたのだ。「この坊主をほうりだせ」キドーはわめき、ディッキーをころがしながら、頭上にもちあげた。足と腕をつかまれて、頭はドアの角にぶつかり、あたりの景色が二回転ぐるりと回ったとき、ディッキーは音をたてて倒れていた。彼は息をきらし、オールド・ジェイゴウ・ストリートの旗の上に倒れていた。

 だが、すぐに彼は態勢を立て直した。群衆がマザー・ギャップの店を正面から叩きつけていた。さらに援軍も四方から駆けつけてきて、聞きなれたかけ声をあげた。「ジェイゴウ! ジェイゴウ! しっかりしろ!」ダヴ・レーンの人々は、ジェイゴウの歓待を罵った。それはダヴ・レーンの住民に災いあれと言っているようなものだ。

 

Dicky, bruised, frightened and flung like a rag this way and that, at last made shift to grasp a post, and climb up on the bar counter. Mother Gapp, a dishevelled maniac, was dancing amid pots and broken glass, black in the face, screaming inaudibly. Dicky stumbled along the counter, climbed over the broken end of a partition, and fell into the arms of Kiddo Cook, coming in with the rush. ‘Put the boy out!’ yelled Kiddo, turning and heaving him over the heads behind him. Somebody caught Dicky by a leg and an arm, his head hit the door post, the world turned a double-somersault about him, and he came down with a crash. He was on the flags of Old Jago Street, with all his breath driven out of him.

But he was quickly on his feet again. A crowd beat against the front of Mother Gapp’s, and reinforcements came running from everywhere, with the familiar rallying-cry, ‘Jago! Jago ‘old tight!’ Dove Lane had abused the Jago hospitality; woe to the Dove-Laners!

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: ジャェイゴウの子ども パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.