アーサー・モリスン「ジェイゴウの子ども」22章149回

 あちらこちらで、取っ組み合いをしている光景がひろがり、集会室にたどり着かなかった者も、あるいは押し出されてきた者も、ダヴ・レーンの人々はそうした騒乱の只中に脱出してきたのだった。ディッキーは揺さぶられたせいで、痛みが残っていたが、決然として立ち上がった。フェザーズに入る前に、あたりにダヴ・レーンの少年たちがいることには気がついていた。だから連中を見つけ出して、鉄拳をくだすことは、あきらかに義務であるように思われた。さらに、父親の身を案じてもいた。マザー・ギャップの隣家の暗い通路をぬけ、裏庭へと、壊れた塀へと急いだ。集会室の壁にはめられたドアがあるので、ドアから中の様子を確かめることができるだろうと考えたのだ。

 何はともあれ、ドアの向こうに見えたものは貯蔵庫だったが、そこは身もだえして苦しむ人たちの巣窟であり、相変わらず、大きく、やかましい音があがっていた。短駆が光をうけて黒く浮かび上がり、その者はドアにつかまって、騒動をながめていた。ディッキーは、それが誰なのか気がついた。彼はボビー・ルーパーに飛びかかって、その腕をつかんで、激しく殴りつけた。猫背は泣きだしそうになりながらも、やり返して逃げ去ろうとした。だが相手の心ない仕打ちを心に描いていたせいで、ディッキーは怒りにかられていたので、ついにボビー・ルーパーはよろけて、突き出した床板の破片のうえにひっくり返り、そのまま投げ飛ばされると、まっさかさまに貯蔵庫へと落下した。彼は樽にぶつかると、もんどりをうって、その樽と他の二つの樽とのあいだに出来た隙間に転がり落ちた。ディッキーは覗き込んだが、猫背は微動だにしなかった。そのときダヴ・レーンのある者たちが、集会室の壁に吊り下がっているランプめがけて、鍋を放り投げた。次の瞬間、ランプは砕け散って落下した。そして暗闇があたりをつつみ、その闇に乗じて、余所者たちは闘おうとした。

 ディッキーは、自分がしたことに少し怖気づいた。だが、ボビー・ルーパーが相手なら、どんなことをしても許されると感じていた。ダヴ・レーンの人々のうち何人かは、裏のドアから逃げ出した。貯蔵庫の天井は低く、樽と折れた根太のあいだは五フィートもなかったのだ。そこで、こうした連中を避けながら、ディッキーは塀をくぐり抜けた。最後には、敵も何とか逃げ去り、明かりがようやく灯されたとき、ジェイゴウの人たちは、暗闇のなかで、たがいに何度も殴りつけている自分たちに気がついた。

 

There were scuffles here and there, where Dove-Laners, who had never reached the club-room, or who had been crowded out of it, made for escape. Dicky was shaken and sore, but he pulled himself together resolutely. He had seen a few Dove Lane boys about before he had got into the Feathers, and plainly it was his duty to find them and bash them. Moreover, he wondered what had become of his father. He hastened through the dark passage of the house next to Mother Gapp’s, into the back yard, and through the broken fence. There was a door in the club-room wall, and through this he thought to see what was going forward.

The cellar—at any rate, at the farther end—was a pit of writhing forms, and the din rose loud as ever. A short figure stood black against the light, and held by the door-post, looking down at the riot. Dicky knew it. He sprang at Bobby Roper, pulled him by the arm, and struck at him furiously. The hunchback, whimpering, did his best to retaliate and to get away; but Dicky, raging at the remembrance of his fancied injury, struck savagely, and struck again, till Bobby Roper tripped backward over the projecting end of a broken floor-board, and pitched headlong into the cellar. He struck a barrel and rolled over, falling into the space between that and two other barrels. Dicky looked, but the hunchback did not move. Then some of the Dove-Laners flung pots at the lamps hanging against the club-room walls. Soon they were smashed and fell, and there was a darkness; and under cover thereof the aliens essayed flight.

Dicky was a little frightened at what he had done, but he felt that with Bobby Roper anything was justifiable. Some Dove-Laners escaped by the back door—the cellar was low, and there was not five feet between the barrels and the broken joists—and these Dicky avoided by getting back through the fence. In the end, most of the enemy struggled away by one means or another, and when lights were brought at last the Jagos were found pummelling each other savagely in the gloom.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: ジャェイゴウの子ども パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.