アーサー・モリスン「ジェイゴウの子ども」22章 150回

スタート神父は、集会室から人々が出ていくという尋常でない事態を知らされて、ついに戸口に閂をおろして、状況を調べにやってきた。彼が到着したとき、ジェイゴウの人々は貯蔵庫から脱出していた。そういう訳で、彼が猫背の少年を樽のあいだから引きあげ、屋外に運び出して、家に連れて帰った。骨は折れていなかったし、関節もはずれていなかったが、それでも重傷であることにかわりなく、打撲傷がたくさんできていて、頭皮には切り傷もできていた。外科医にそう告げられたスタート神父は、彼をダヴ・レーンに連れて帰った。それからボビー・ルーパーは、二週間寝込んだ。

かつてないほど、たっぷりとした膏薬を塗布され、ダヴ・レーンの住民の頭も、ジェイゴウの住民の頭も、その夜は膏薬に飾られていた。だがジェイゴウの人々には、その傷を償ってくれる楽しみが待っていた。樽のあいだに、煙草の束も、長靴もたくさん落ちていたのだ。隅のほうには、雑多な品が混じり合いながら一杯になっていたが、それは一ヶ月前から、マザー・ギャップが大勢の人々に頼まれて転売していた盗品だった。そこで少なからぬ数の戦士たちが、品物を腕にかかえて家に持ち帰ったが、以前にも、同じ品物を腕にかかえ、ポスティのあいだを走ったことがあった。そして品物を売り、マザー・ギャップがだしてくれるものと引き換えていたという訳だ。

 

Father Sturt, apprised of something uncommon by the exodus of members from the club, finally locked the doors and came to investigate. He arrived as the Jagos were extricating themselves from the cellar, and it was he who lifted the little hunchback from among the barrels and carried him into the open air; he also who carried him home. No bone was broken, and no joint was disturbed, but there was a serious shock, many contusions, and a cut on the scalp. So said the surgeon whom Father Sturt took with him to Dove Lane. And Bobby Roper lay a fortnight in bed.

More plaster than ever embellished the heads of Dove Lane and the Jago that night; but for the Jagos there was compensation. For down among the barrels lay many a packet of tobacco, many a pair of boots, and many a corner stuffed with mixed property of other sorts: which Mother Gapp had fenced for many a month back. So that it happened to more than one warrior to carry home again something with which he had run between the ‘Posties’ long before, and had sold to Mother Gapp for what she would give.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: ジャェイゴウの子ども パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.