アーサー・モリスン「ジェイゴウの子ども」22章23章151回

フェザーズの一階は、壊れた枠組みをまだとどめていた。四年前にうけた損傷は、今回と比べれば、たいしたものではなかった。マザー・ギャップは涙をながしながら、冒涜の言葉をはいて、長年にわたる不正で貯えた資金を取り崩すと、新しい床板を買った。だが、これは窃盗罪だ。煙草をもっていったり、長靴をもっていったり、樽のあいだから他の品々をどっさり持っていくことも、すべて窃盗罪にあたると、彼女は心をえぐられる思いで考えた。「ひどい、なんてひどい連中だろう、そんな泥棒をするなんて。盗人猛々しいよ、まったく」マザー・ギャップは言った。

 ジョシュ・ペローは、貯蔵庫で、すっかり足をくじいてしまい、肩をかしてもらって帰宅した。

 

   23章

 

 一週間以上、ジョシュ・ペローは歩きまわることができなかった。そのせいで惨憺たる一週間だった。しばらく運に恵まれない日々がつづき、気がついてみれば、手元にある貯えを合わせても、十四ペンスしかない状態で横になっていた。そこでジェイゴウ・ロウの奥の一階で、質屋を経営しているポール・ランの店で、上着を質にいれ、九ペンス借りた。さらにジョシュは、ディッキーがグリンダーさんの店を辞めさせられたことを罵ると、外にいって、家に金をいくらか入れるようにと言った。ディッキーは体を起こしたが、フェザーズの戦いを終えた朝だということもあって、まだ痛みが残り、立とうとしても体がこわばって言うことを聞いてくれなかった。まだ、具合は少しもよくなっていなかった。それでも行かないわけにはいかなかったので、彼は出かけたが、スリをするなんて無理だとよく分かっていた。体を曲げようにも、関節が拒むからだ。だが、彼は少年窃盗団が一儲けしようとしていることに気がつき、彼らを見張ることにしたおかげで成功をおさめ、その夜、家に七ペンスを持ち帰った。それからキドー・クックも、合唱会の夜、腕一杯に品物をかかえてマザー・ギャップの店を出てきたあと、自分が騎士になれそうなくらいに金持ちになっていることに気がついたので、ジョシュに八ペンス貸した。それでもハンナ・ペローのショールは質に入れられた。だが、そのショールは次の日に取り戻され、上着も一緒に取り戻された。ディッキーが家にソブリン金貨を一枚持ってきたからだ。

 

The ground floor of the Feathers stood a battered shell. The damage of four years ago was inconsiderable compared to this. With tears and blasphemy Mother Gapp invaded the hoard of her long iniquity to buy a new floor; but it was the larceny—the taking of the tobacco and the boots, and the many other things from among the barrels—that cut her to the soul. A crool—a crool thing was such robbery—sheer robbery, said Mother Gapp.

Josh Perrott got a bad sprain in the cellar and had to be helped home. More, he took with him not a single piece of plunder, such was his painful disablement.

XXIII

For more than a week Josh Perrott could not walk about. And it was a bad week. For some little while his luck had been but poor, and now he found himself laid up with a total reserve fund of fourteenpence. A coat was pawned with old Poll Rann (who kept a leaving shop in a first floor back in Jago Row) for ninepence. Then Josh swore at Dicky for not being still at Grinder’s, and told him to turn out and bring home some money. Dicky had risen almost too sore and stiff to stand, on the morning after the fight at the Feathers, and he was little better now. But he had to go, and he went, though he well knew that a click was out of the question, for his joints almost refused to bend. But he found that the fat’s a-running boys were contemplating business, and he scouted for them with such success as to bring home sevenpence in the evening. Then Kiddo Cook, who had left Mother Gapp’s with a double armful on the night of the sing-song, found himself rich enough, being a bachelor, to lend Josh eighteenpence. And a shawl of Hannah Perrott’s was pawned. That, though, was redeemed the next day, together with the coat. For Dicky brought home a golden sovereign.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: ジャェイゴウの子ども パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.