アーサー・モリスン「ジェイゴウの子ども」23章152回

ソブリン金貨も赤子から盗むようなもので、厳しい言い方をすれば、ほとんどスリとはいえないような容易さだった。ディッキーが足どり重く、シティの方へとむかっていると、セントポール寺院の外側に人だかりができていたが、いい身なりの人たちで、前に進もうとはしていなかった。カテドラルの内側で、何かが起きているのだ。ディッキーはハイ・モブの旦那の姿に気がついたが、その旦那は財布専門の、つまり財布をとりあつかう泥棒だった。ディッキーは勉強のために、男の動きを見ていた。その男が凄腕の泥棒であり、しかもたったひとりで働き、誰も援護する者をつけていなかったからだ。ディッキーは幾重もの人ごみのなかにいる男を見ていたが、その男はつぎからつぎへと淑女をねらい、その傍らに立ったかと思えば、今度は背後にまわった。男が腕をひきよせ、自分のポケットに何かを滑り込ませてようやく、男が何かに触ったのだとわかるのだった。やがて男は、人ごみのなかを別の場所へと移動していき、ほとんどの者が立っている場所で、こっそりと揉みくちゃにした新聞紙を落として、そのまま人ごみを離れた。彼は、自分で安全だと判断できる範囲で、仕事をしたのだ。ディッキーは丸めた新聞紙のほうへと人ごみをくぐり抜けていき、上着の下に新聞紙を滑りこませると、やはり逃げ去った。新聞紙のなかには、ニュース以外のなにかがあるということがわかっていた。たしかに、そのなかには財布があった。その財布は、できるだけ素早く空にされると、そこに落とされたのだ。金なら足がつかないが、なじみのない財布は滅亡のもとになるからだ。ディッキーは、この危険は少しも気にしなかったが、できるだけ急いで裏通りの隅へむかい、そこで財布を調べた。中味はもう消えているだろうが、もし上質のものならば、ウィーチさんからセント銅貨をもらえるかもしれない。それは、かなりの上等品だった。片方の財布には、銀のような、大きな留め金がついていたし、もうひとつの財布は新しいものだったので、ディッキーが満足感を覚えながら、店頭に並んでいるときの輝きをもつ裏地をながめていると、側面に巧妙に隠されたポケットに気がついたのだが、それは表地におおわれた状態で、ぴったりとしていた。だが、その中にはソブリン金貨が一枚入っていた。彼は、それを見て息をのんだ。あきらかに、財布泥棒は手探りをしながら、自分のポケットのなかで財布をからにしたのだが、その隠しポケットを見逃してしまっていた。ディッキーは、まだ思いのままに走ることはできなかったが、それでもオールド・ジェイゴウの自分の家の階段にたどり着くまで、走ることをやめなかった。やがて八日か九日が過ぎると、ジョシュはジェイゴウへと出かけたが、ただ自分の足首をいたわるだけだった。

 

It had been an easy click—scarce a click at all, perhaps, strictly speaking. Dicky had tramped into the city, and had found a crowd outside St Paul’s—a well-dressed crowd, not being moved on: for something was going forward in the cathedral. He recognised one of the High Mob, a pogue-hunter—that is a pickpocket who deals in purses. Dicky watched this man’s movements, by way of education; for he was an eminent practitioner, and worked alone, with no assistant to cover him. Dicky saw him in the thick of the crowd, standing beside and behind one lady after another; but it was only when his elbow bent to slip something into his own pocket that Dicky knew he had ‘touched.’ Presently he moved to another part of the crowd, where mostly men were standing, and there he stealthily let drop a crumpled newspaper, and straightway left the crowd. He had ‘worked’ it as much as he judged safe. Dicky wriggled toward the crumpled paper, slipped it under his jacket, and cleared away also. He knew that there was something in the paper beside news: that, in fact, there were purses in it—purses emptied and shed as soon as might be, because nobody can swear to money, but strange purses lead to destruction. Dicky recked little of this danger, but made his best pace to a recess in a back street, there to examine his pogues; for though the uxter was gone from them, they might yet bring a few coppers from Mr Weech, if they were of good quality. They were a fairly sound lot. One had a large clasp that looked like silver, and another was quite new, and Dicky was observing with satisfaction the shop-shininess of the lining, when he perceived a cunning pocket at the back, lying flat against the main integument—and in it was a sovereign! He gulped at the sight. Clearly the pogue-hunter, emptying the pogues in his pocket by sense of touch, had missed the flat pocket. Dicky was not yet able to run with freedom, but he never ceased from trotting till he reached his own staircase in Old Jago Street. And so the eight or nine days passed, and Josh went out into the Jago with no more than a tenderness about his ankle.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: ジャェイゴウの子ども パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.