アーサー・モリスン「ジェイゴウの子ども」 27章 176回

屋根があたえられているので、ディッキーは、食べ物を見つけることが自分の仕事だと感じていた。ひとりであれば、飢えから解放されたかもしれなかったが、母親と妹がいた。食料の欠乏が彼の神経をかき乱し、おどおどさせていた。さらに、盗みで捕まるのではないかと考えると、彼の恐怖はかつてよりも強まっていた。夜、寝つかれないまま横たわりながら、そうしたことを考えては汗をかいた。そうなれば誰が、母親とエムのために、外の世界から食べ物を持ってきてくれるだろうか。だが、その危険はますます増大していた。彼は警察の鞭でぶたれたことがあり、それは大層辛い経験だった。だが矯正施設に行くくらいなら、毎日でも鞭でぶたれていいし、涙もながさないで鞭でぶたれることだろう。判事は、父親と母親が手元で監督できる場合は、少年たちを感化院へおくろうとはしなかった。そうすれば、両親が本来はたすべき責任を奪うことになるからだ。だがディッキーの場合、なにがしかの懲罰をあたえるくらいが丁度よかった。そういうわけで、ディッキーは盗品をもとめて徘徊しながらも、必要性をみたせぬまま、すべての機会を失うのではないかという恐怖にかられ、心が引き裂かれるのであった。

 

The roof provided, Dicky felt that his was the task to find food. Alone, he might have rubbed along clear of starvation, but there were his mother and his sister. Lack of victuals shook his nerve and made him timid. Moreover, his terror grew greater than ever at the prospect of being caught in a theft. He lay awake at night and sweated to think of it. Who would bring in things from the outer world for mother and Em then? And the danger was worse than ever. He had felt the police-court birch, and it was bad, very bad. But he would take it every day and take it almost without a tear, rather than the chance of a reformatory. Magistrates were unwilling to send boys to reformatories while both father and mother were at hand to control them, for that were relieving the parents of their natural responsibility; but in a case like Dicky’s, a ‘schooling’ was a very likely thing. So that Dicky, as he prowled, was torn between implacable need and the fear of being cut off from all chance of supplying it.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: ジャェイゴウの子ども パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.