アーサー・モリスン「ジェイゴウの子ども」28章 179回

おそらくペロー一家の目にうつっていたキドーの姿はおおよそ、当時、他の者たちの目にうつる姿と同じだった。キドーは、一家の状況を知っていたので(他の者たちの状況も同じようなものだったが)、まじめで、詳細な嘘の話を、苦心してこのように作り上げた。彼には友人がいて、その友人は完璧なまでの紳士だが――スピタル・フィールズ近くのパブを使っていることから知り合いになった――商品の流通網関係の、手広い、複雑な商売に着手していた。その紳士が売っているのは、いろいろな種類の果物や新鮮な野菜、あらゆる肉や人参、キャベツ、乾性ソーセージ、フライド・フィッシュ、豆のプディングだ。彼のモットーは、「すべてを最高の品でそろえる」だった。だが不運なことが起きてしまい、彼には自分の品が最高の品かどうか判断できなくなってしまった。口を損傷してしまったのだが、それはブリキ製のポットで強打されたせいであり、大金持ちの知り合いと激しい口論をしている最中にうけたものらしかった。そこで彼は、立派な紳士であるにもかかわらず、キドー・クックに頼み込んできたので、彼も友情から引き受けることになり、時々立ち寄っては、彼の品物の味を確認することになった。「たっぷり持って行けばいい」彼はいった。「もし迷うようなら、友達の一人か二人に食べてもらって聞けばいい」そこでキドーは相手の言葉にしたがって、しばしばたっぷりと分け前をもらってくることになったが、そうすることで立派な紳士も喜んでくれた。だが、もらった品物の処分方法をすべて分かっているわけではなかったし、その品について正直な意見を聞きたくもあったので(この二つの動機には不明瞭なところがあったのだが)彼は、しばしばペローの奥さんのところに、味見を頼まれた品を持ってきたのだが、そのせいで奥さんが肩身の狭い思いをしなければと思うのであった。決して、そのようなことはなかった。

 雨ふる日が終わり、夕暮れもだいぶ過ぎた頃、キドー・クックは重い足どりでジェイゴウ・ストリートを歩いていたが、そのポケットには、エムのためにリンゴがひとつ入っていた。十分なものではなかったが、金が少し不足していたのだ。なにはともあれ、あの子は喜んでくれるだろう。彼が階段をあがっていくと、ペロー家の扉に消されているものの、苦悶している音が聞こえてきた。最初は啜り泣いていたのかもしれないが、今ではうなり声をあげているように思えた。あきらかに、小さなエムが泣いていた。そして何かで、おそらくは靴のかかとで、床板をけりつけていた。キドーは少しためらってから、そっと扉を叩いた。その叩く音は、気づかれることもなかったようなので、ついに彼は扉を押して開けてみた。

 

Perhaps the Perrotts saw as much of Kiddo as did anybody at this time. For Kiddo, seeing how it went with them (though indeed it went as badly with others too) built up laboriously a solemn and most circumstantial Lie. There was a friend of his, a perfect gentleman, who used a beer-shop by Spitalfields Market, and who had just started an extensive and complicated business in the general provision line. He sold all sorts of fruit and vegetables fresh, and all sorts of meat, carrots, cabbages, saveloys, fried fish and pease-pudding cooked. His motto was:—’Everything of the best.’ But he had the misfortune to be quite unable himself to judge whether his goods were really of the best or not, in consequence of an injury to his palate, arising from a blow on the mouth with a quart pot, inflicted in the heat of discussion by a wealthy acquaintance. So that he, being a perfect gentleman, had requested Kiddo Cook, out of the friendship he bore him, to drop in occasionally and test his samples. ‘Take a good big whack, you know,’ said he, ‘and get the advice of a friend or two, if you ain’t sure.’ So Kiddo would take frequent and handsome whacks accordingly, to the perfect gentleman’s delight; and, not quite knowing what to do with all the whacks, or being desirous of an independent opinion on them (there was some confusion between these two motives) he would bring Mrs Perrott samples, from time to time, and hope it wouldn’t inconvenience her. It never did.

It was late in the dusk of a rainy day that Kiddo Cook stumped into Old Jago Street with an apple in his pocket for Em. It was not much, but money was a little short, and at any rate the child would be pleased. As he climbed the stairs he grew conscious of sounds of anguish, muffled by the Perrotts’ door. There might have been sobs, and there seemed to be groans; certainly little Em was crying, though but faintly, and something—perhaps boot-heels—scraped on the boards. Kiddo hesitated a little, and then knocked softly. The knock was unnoticed, so in the end he pushed the door open.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: ジャェイゴウの子ども パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.