アーサー・モリスン「ジェイゴウの子ども」31章142回

ジョシュは、新しい建物で一時間近く過ごした。スタート神父は彼に集会室を見せたが、そこは夜の避難所にもなれば、教会でもあり、神父の小さな部屋でもあった。彼は、ジョシュの今後についても、いろいろ尋ねてきた。もちろんジョシュは、「仕事を探すつもり」でいた。スタート神父には、彼がそう言うということがわかっていた。ジェイゴウの人々の仕事を探すつもりでいる状態は、神父が初めてこの地に来たときから続いているのだから。だが、彼はジョシュの言葉を真剣に受けとめている風をよそおって、新しい州議会の建物で、漆喰工として働いてみないかと声をかけてみた。神父はジョシュを誉めちぎって、専門的な技術をもっているのだから定期的な商いができるということを思い出させた。ジョシュは、働く手だてのある男なのだ。周囲の無職の連中が稼ぐのにつかう哀れな手段よりは、上等なものを持ち合わせていた。本当は、家族を連れてジェイゴウから出ていくべきで、新しい場所で、尊敬すべき職人として、新たに生活を始めた方がいいのだ。

 こうした話に、ジョシュ・ペローは、そわそわしながらも従順に耳を傾け、必要に思えるときだけ「はい、神父様」と答えた。ついには「じっくり考えます」と約束したが、別に何かをするわけではなかった。最初の気持ちでは、スタート神父の便宜をはかるためなら、また懲役をうける危険すら喜んで犯すつもりでいた。だがスタート神父の助言を受けるというより、むしろ耐えしのぶことになってしまった。

 その日、彼は休むことにした。少し興奮気味だと言われたのは、ダヴ・レーンと喧嘩をするのにふさわしい時がきていたからだ。だが動きはなかった。スノッブ・スパイサーが、ダヴ・レーンの頭の窓を割った。たしかに、それは真実だった。だが、何も起きなかった。そして儀式の上では、ダヴ・レーンの住人の手で、次のカードが配られることになっていた。今のところ、ジェイゴウの人々は、ジョシュの親しみのある指導力を考えて満足していた。こうしたことは、懲役を終えて戻ってきた者すべての権利であった。そして戦いのときは、来週の夜に決まっていた。

 その日は一日中、ウィーチさんは心配そうに外をみたが、ジョシュ・ペローは通りがからなかった。

 

Josh spent near an hour in the new buildings. Father Sturt showed him the club, the night shelter, the church, and his own little rooms. He asked, too, much about Josh’s intentions for the future. Of course, Josh was ‘going to look for a job.’ Father Sturt knew he would say that. Every Jago had been going to look for a job ever since the vicar first came to the place. But he professed to take Josh’s word seriously, and offered to try to get him taken on as a plasterer at some of the new County Council buildings. He flattered Josh by reminding him of his command of a regular trade. Josh was a man with opportunities, and he should be above the pitiable expedients of the poor untradesmanlike about him. Indeed, he should leave the Jago altogether, with his family, and start afresh in a new place, a reputable mechanic.

To these things Josh Perrott listened with fidgety deference, answering only ‘Yus, Father,’ when it seemed to be necessary. In the end he promised to ‘think it over,’ which meant nothing, as the parson well knew. And in the mood in which Josh came away he would gladly have risked another lagging to serve Father Sturt’s convenience; but he would rather have suffered one than take Father Sturt’s advice.

He made the day a holiday. He had been told that he was in for a little excitement, for it was held that fitting time had arrived for another scrap with Dove Lane; but the affair was not yet moving. Snob Spicer had broken a window with a Dove-Laner’s head, it was true, but nothing had come of it, and etiquette demanded that the next card should be played by Dove Lane. For the present, the Jago was content to take thought for Josh’s ‘friendly lead.’ Such a thing was everybody’s right on return from a lagging, and this one was fixed for a night next week.

All that day Mr Weech looked out anxiously, but Josh Perrott never passed his way.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: ジャェイゴウの子ども パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.