アーサー・モリスン「ジェイゴウの子ども」 32章 144回

そこでジョシュは、モゲルの腕時計を取引したときの話をしはじめ、ウィーチが怖れをなして、店の扉へと駆け込んだ有様を細かに語ってきかせた。「よし、その話にのろう」ジョシュは結論をだした。「あいつに復讐してやることもできるし、少しは金になるだろう。おれのそばに、あいつは近づかない方が身のためだ。顎にパンチをくらいたくはないだろう、イグベリーの男みたいに」ジョシュ・ペローは虎のような唸り声をあげて言い終えたが、怒りに顔が赤らむあまり、その鼻孔のまわりには白い斑点がうきあがっていた。

だれが密告したのか考えていたんだ。そうとくれば、あいつから奪うのが一番だ。自分の宝物がごっそりなくなっているのに気がつけば、あいつも血まみれの歌を歌うことになる」ビルは頭をそらして、もう一度笑い声をあげた。「さてと、計画を練ろうじゃないか」そして二人の男たちは夢中になって、手段について話し合った。

 ウィーチの裏塀の戸は、彼があけることになった。とてもわかりやすい計画だった。たしかに表通りの鎧戸も、ミーキン・ストリートのような場所にある店としては、実用に適したものではなかった。だが裏通りに面した路地の方が、侵入するには完璧な場所だった。ビル・ランは注意深くその場所を調べ、考えに考え抜いた挙げ句、洗濯室の窓から侵入することに決めた。古い箱や束ねられた材木が庭に散らかっていたので、箱を選んで登れば、小さな窓につかまることも、すばやく、音もたてないで忍び込むことも簡単なことだろう。たしかに、洗濯室と他の部屋のあいだの扉には、しっかり錠がおろされていたが、屋根のあるところでの仕事だからどうにかなるだろう。それにビル・ランの読みでは、洗濯室のなかには、たくさんの品物が隠されていることになっていた。家のなかにいるのはウィーチだけだろう。床を掃き、薫製ニシンをつくる哀れな老女は、夜になれば帰ってしまうからだ。だから、どの部屋も空で、ただひとりの筈だった。

 道具は、ジョシュはなにも持っていなかったが、ビル・ランが提供してくれることになった。忍び込む日時は、やはりその日の夜が、とても都合よく思われた。その日の夜の方が、他の日よりは好都合というものだろう。それというのも、その日が水曜日だからだ。ビル・ランがこれまで観察してきたところでは、ウィーチさんが、ショアディッチのハイ・ストリートにある銀行に出かけるのは、いつも木曜日の午前中だからだ。

 この日も、ウィーチさんは注意深くジョシュの姿を探して目をひからせていたのだが、彼をついに見かけなかった。

 

Josh told the tale of his negotiations in the matter of the Mogul’s watch, and described Weech’s terror at sight of his dash at the shop-door. ‘I’m on,’ said Josh in conclusion. ‘It’s one way o’ payin’ ‘im, an’ it’ll bring a bit in. On’y ‘e better not show ‘isself w’ile I’m abaat! ‘E wouldn’t git auf with a punch on the chin, like the bloke at ‘Ighbury!’ Josh Perrott ended with a tigerish snarl and a white spot at the curl of each of his nostrils.

‘Blimy!’ said Bill Rann; ‘an’ so it was ‘im, was it? I often wondered ‘oo you meant. Well, flimpin’ ‘im’s the best way. Won’t ‘e sing a bleed’n’ ‘ymn w’en ‘e finds ‘is stuff weeded!’ Bill flung back his head, and laughed again. ‘But there,—let’s lay it out.’ And the two men fell to the discussion of methods.

Weech’s back-fence was to be his undoing. It was the obvious plan. The front shutters were impracticable in such a place as Meakin Street; but the alleys in the rear were a perfect approach. Bill Rann had surveyed the spot attentively, and, after expert consideration, he had selected the wash-house window as the point of entrance. Old boxes and packing-wood littered the yard, and it would be easy to mount a selected box, shift the catch of the little window, and wriggle in, feet first, without noise. True, the door between the wash-house and the other rooms might be fastened, but it could be worked at under cover; and Bill Rann had a belief that there must be a good deal of ‘stuff’ in the wash-house itself. There would be nobody in the house but Weech, because the wretched old woman, who swept the floors and cooked bloaters, was sent away at night; so that every room must be unoccupied but one.

As for tools, Josh had none, but Bill Rann undertook to provide them; and in the matter of time it was considered that that same night would be as good as any. It would be better than most, in fact, for it was Wednesday, and Bill Rann had observed that Mr Weech went to the bank in High Street, Shoreditch, pretty regularly on Thursday mornings.

This day also Mr Weech kept a careful watch for Josh Perrott, but saw him not.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: ジャェイゴウの子ども パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.