アーサー・モリスン「ジェイゴウの子ども」33章 146回

まもなく深夜んあろうとしていた。ビル・ランは、ウィーチが十一時に鎧戸を閉める姿を確認していた。そこで二人のジェイゴウの男は、ミーキン・ストリート沿いに、ウィーチの店の向かい側をゆっくりあるき、するどく窓を一瞥した。

 すべてが静かだった。目に見える明かりはなかった。店の扉の上あたりにある明かりとりの窓にも、二階の窓にも、屋根裏部屋の窓にも、明かりはついていなかった。ふたりは歩き続け、道をわたると、また引き返してきて、扉のところで耳をすました。中からは、なんの物音もしなかった。遠くにある教会の時計が、十二時をうった。四つめをうったとき、すぐ近くにある聖レオナルド教会の大きな鐘の音と重なった。最後に、穏やかな鐘の音が、はるか彼方の時計から響きわたってきて、その鐘の合唱に人々が目を覚ましてしまう前に、ジョシュ・ペローとビル・ランは次の角を曲がって、ウィーチの店の裏にある通りを進んでいった。

 嫌な臭いが漂い、鼠が走るこの裏道を、余所者が行き来することはなかった。ジョシュとビルは一人ずつ、アーチの下の狭い道を急いで進んだ。その道は、かつては邸宅の私道として使われていたものかもしれなかった。こっそりと、見られることなく、ようやくたどり着いたのは、泥でぬかるんだ裏庭だった。

 ウィーチの裏庭の塀が、彼らの前にあった。くすんだ家の裏側部分に、ふたりは囲まれていた。窓に見えている明かりは、ひとつか、ふたつしかなく、その窓は閉ざされ、カーテンがかけられていた。ウィーチの家の背側部分はくすみ、正面と同じくらい静まりかえっていた。ふたりは塀のむこうを凝視した。裏庭はタールのように暗かったが、そこかしこに散らばった、わずかに角のあるものは、山積みにされた箱と材木だった。「今回は、やつに口笛をふかないで行くぞ」ビル・ランはささやき、くすりと笑ってむせた。「いくぞ」

 

It was near midnight, and Bill Rann had observed Weech putting up his shutters at eleven. So the two Jagos walked slowly along Meakin Street, on the side opposite Weech’s, with sharp eyes for the windows.

All was quiet; there was no visible light—none from the skylight over the shop door, none from the window above, none from the garret window above that. They passed on, crossed the road, strolled back, and listened at the door; there was no sound from within. The clock in a distant steeple struck twelve, and was joined at the fourth stroke by the loud bell of St Leonards, hard by; and ere the last mild note had sounded from the farthest clock in the awakened chorus, Josh Perrott and Bill Rann had taken the next turning, and were pushing their way to the alleys behind Weech’s.

Foul rat-runs, these alleys, not to be traversed by a stranger. Josh and Bill plunged into one narrow archway after another, each of which might have been the private passage of a house, and came at last, stealthy and unseen, into the muddy yard.

Weech’s back-fence was before them, and black house-backs crowded them round. There were but one or two lights in the windows, and those windows were shut and curtained. The rear of Weech’s house was black and silent as the front. They peered over the fence. The yard was pitch-dark, but faint angular tokens here and there told of heaped boxes and lumber. ‘We won’t tip ‘im the whistle this time,’ whispered Bill Rann, with a smothered chuckle. ‘Over!’

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: ジャェイゴウの子ども パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.