アーサー・モリスン「ジェイゴウの子ども」33章 147回

ビルは膝をまげた。ジョシュはその上をまたぎ、用心しながら、がたがたの塀を乗りこえ、塀のむこう側に身をひそめた。「こっちは大丈夫だ」彼はささやいた。「来い」ビルが道具を見せてから、ジョシュはほとんど一言も口をきかなかった。ビルは、相手の無口な様子を怪訝に思いはしたが、こうした状況なので、仕事をするにふさわしい態度だと敬意をはらうことにした。

洗濯室の窓まで、四ヤードか五ヤードしか離れていなかったが、ふたりは身をかがめ、手探りで進んでいった。ジョシュは進みながら、レモネードの箱を手につかみ、窓の下の地面に置いた。そうすると同時に、ナイフをもとめて片手を動かした。今や、彼は先頭をきって動き、箱に足をかけていた。

それは古いナイフで、靴製造用のものであり、長い柄がついていた。窓枠には、金具が斜めに留められていたが、そのナイフなら曲がることはないだろう。下の方にいたビル・ランにも、ほどなく見えてきたのだが、ジョシュは枠を固定している漆喰をそぎ落としていた。やがて五分もしないうちに、窓枠の一部が彼の手のなかにおちてきた。彼は手をとめ、やわらかな地面に枠を置いたが、音はしなかった。

ジョシュは掛け金をはずすと、窓枠をもちあげた。両端に親指をかけて、窓枠をもちあげたときに、音はいくらかしたが、それほど大きい音ではなかった。ジョシュは窓枠に腰かけると、足を一本ずつ巧みに動かして、狭い開口部をくぐり抜けた。それから体を横にすべらせて、室内におりたった。そしてビル・ランについてくるように手招きをした。

 

He bent his knee, and Josh straddled from it over the rickety fence with quiet care, and lowered himself gingerly on the other side. ‘Clear ‘ere,’ he whispered. ‘Come on.’ Since Bill’s display of the tools Josh had scarce spoken a word. Bill wondered at his taciturnity, but respected it as a business-like quality in the circumstances.

It was but a matter of four or five yards to the wash-house window, but they bent and felt their way. Josh took up an old lemonade-case as he went, and planted it on the ground below the window, stretching his hand for the knife as he did so. And now he took command and foremost place.

It was an old shoemaker’s knife, with too long a handle; for there was a skew-joint in the sash, and the knife would not bend. Presently Bill Rann, below, could see that Josh was cutting away the putty from the pane, and in five minutes the pane itself was put into his hand. He stooped, and laid it noiselessly on the soft ground.

Josh turned the catch and lifted the sash. There was some noise, but not much, as he pushed the frame up evenly, with a thumb at each side. They waited; but it was quite still, and Josh, sitting on the sill, manœuvred his legs, one at a time, through the narrow opening. Then, turning over, he let himself down, and beckoned Bill Rann to follow.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: ジャェイゴウの子ども パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.