アーサー・モリスン「ジェイゴウの子ども」34章 163回

だが、まもなく判事は、証拠の陳述をはじめた。やがて証言は、肝心な局面にさしかかった。だが、今まで大いに論じてきた証拠を、もう一度蒸し返しただけだった。判事は瞬きをしながら、自分のメモをみつめ、それから陳述に戻った。警笛をもった警察官も、ランタンをもった他の者たちも、医師も、外科医も、そして他の者たちも陳述にくわわった。それでも、今回の陳述は、前回よりも短く終わった。ジョシュはふりむくと、背後にある置き時計をみた。その時計の上の方には、人々が顔をならべ、傍聴席から凝視していた。ふたたび判事の方をむいたとき、時間のことは忘れてしまった。些細な思いがふつふつと湧いてきて、その頭脳の、狭い出入り口から、もう一度ほとばしりでた。

静粛にするように叫ぶ声がした。それから新たな声がした。「陪審員の方々、評決はでましたか?」

「でました」陪審長をつとめる男は震え、顔からは血の気がひいていた。そして低い声で話した。

「被告人は有罪ですか、有罪でないと考えますか?」

「有罪です」

ああ、それが正しい。それでこそ、本当に仕事をしているというものだ。彼の頭ははっきりして、今や、心構えができていた。

「全員の評決が、有罪ですか」

「はい」

 ハンナは、すすり泣いているのだろうか?

 

But presently the judge began to sum up. They were coming to something at last. But it was merely the thrice-told evidence once more. The judge blinked at his notes, and went at it again; the policeman with his whistle, and the other with his lantern, and the doctor, and the sergeant, and the rest. It was shorter this time, though. Josh Perrott turned and looked at the clock behind him, with the faces over it, peering from the gallery. But when he turned to face the judge again he had forgotten the time, and crowded trivialities were racing through the narrow gates of his brain once more.

There was a cry for silence, and then a fresh voice spoke. ‘Gentlemen of the jury, have you agreed upon your verdict?’

‘We have.’ The foreman was an agitated, colourless man, and he spoke in a low tone.

‘Do you find the prisoner at the bar guilty, or not guilty?’

‘Guilty.’

Yes, that was right; this was the real business. His head was clear and ready now.

‘And is that the verdict of you all?’

‘Yes.’

Was that Hannah sobbing?

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: ジャェイゴウの子ども パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.