アーサー・モリスン「ジェイゴウの子ども」35章165回

 

こうした辛い思いもすべて、三十分後には消えているだろう。これから起きることは、たいしたことではない。せいぜい目を殴られるほどのことにすぎない。最悪の事態は、土曜日に終わった。そして、なんとかその事態をのりきった。ハンナはひどい状態で、ディッキーもまたそうだった。エムは、途方にくれた泣き方をしていた。他の者たちも、そういう泣き方をしていたからだ。リトル・ジョシュは、どうやら父親が涙の原因らしいと気がつき、蹴りつけたり、毒づいたりしてきた。この様子をハンナに見せて、微笑んでもらおうとしたが、無駄であった。ついに彼女は連れ出されることになった。ディッキーもひどい状態だったが、なんとか気持ちを奮い立たせた。彼が震え、息を詰まらせているのを感じながらキスをした。やがて彼は真っ直ぐに歩み去っていったが、その足どりはしっかりとしていた。他の二人の子ども達もいっしょに歩み去った。そう、すべてが終わったのだ。

 

ジェイゴウの人々が、ハンナと子どもたちを休ませてくれるようにと、彼は願った。彼が休ませてもらったことはなかった。彼に恩がある人々がいたにもかかわらずだ。彼が休んだ最後の場所は、マザー・ギャップの店だった。ダヴ・レーンの人々が、床をつきぬけて落下した事件の前のことだ。マザー・ギャップは床をはりかえるのに、金をたくさんつかったにちがいない。でも若い頃、彼女はいろいろなことをして、ずいぶん稼いだはずだ。盗品売買をしたのだ。ハニーレーンに数軒の家を購入し、ホクストンの四ペニーの安宿二軒も、彼女の家だという話だった。ほかにどのくらいあるのか、誰も見当がつかなかった。ある者の話によれば、彼女はジプシーの出身で、数年前はマウントで暮らしていたらしい。マウントも、今では、いっぱい人がいる場所だが、ジェイゴウほど人がいるわけではなかった。ジェイゴウは、にかわのように粘着質で、ブロード・ストリートのように広かった。ブロード・ストリートにあるボブ・ザ・ベンダーでは、玩具が買える。刑期を一年半つとめれば…

 

All this hard thinking would be over in half an hour or so. What was to come now didn’t matter; no more than a mere punch in the eye. The worst was over on Saturday, and he had got through that all right. Hannah was very bad, and so was Dicky. Em cried in a bewildered sort of way, because the others did. Little Josh, conceiving that his father was somehow causing all the tears, kicked and swore at him. He tried to get Hannah to smile at this, but it was no go; and they had to carry her out at last. Dicky was well-plucked though, bad as he was. He felt him shake and choke when he kissed him, but he walked out straight and steady, with the two children. Well, it was over….

He hoped they would get up a break in the Jago for Hannah and the youngsters. His own break had never come off—they owed him one. The last break he was at was at Mother Gapp’s, before the Dove-Laners fell through the floor. It must have cost Mother Gapp a deal of money to put in the new floor; but then she must have made a lot in her time, what with one thing and another. There was the fencing, and the houses she had bought in Honey Lane, and the two fourpenny doss-houses in Hoxton that they said were hers, and—well, nobody could say what else. Some said she came of the gipsies that used to live at the Mount years ago. The Mount was a pretty thick place now, but not so thick as the Jago: the Jagos were thick as glue and wide as Broad Street. Bob the Bender fell in Broad Street, toy-getting, and got a stretch and a half….

Yes, yes, of course, they always tolled a bell. But it was rather confusing, with things to think about.

Ah, they had come at last. Come, there was nothing more to think about now; nothing but to take it game. Hold tight—Jago hold tight…. ‘No thank you, sir—nothing to say, special. On’y much obliged to ye, thank ye kindly, for the grub an’—an’ bein’ kind an’ wot not. Thanks all of ye, come to that. Specially you, sir.’ It was the tall black figure again….

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: ジャェイゴウの子ども パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.