アーサー・モリスン「ジェイゴウの子ども」35章166回

わかっている。もちろん、わかっている。死の鐘は、いつも鳴り響いてきたから。それでも混乱してしまうのは、考えることがありすぎるせいだ。

 

ああ、とうとう連中がやってきた。かまわない。もう、今さら、何も考えることはない。楽しむしかない。しっかり見ていてくれ、ジェイゴウよ、しっかりと見てくれ。「いいや、結構です。とくに言うことは、何もありません。ただ、皆さん方の御親切に感謝するだけですよ。食べ物のことやら、親切にしてもらったことやらをいろいろとね。みなさんに感謝しますよ、ここに来て下さったことを。とりわけ、旦那には感謝してます」そう話しかけた相手とは、ふたたび姿をあらわした、背の高い、黒い姿の男だった。

 

なんだ、この男は? みすぼらしい身なりの男だ。外見からすると葬儀屋の男の類だ。皮紐は中々いい品だ。結わえたりする紐ではない。胴にも、手首にも、肘にも、たくさんの皮紐が、ぶらさがっている。今のところは、ぶらさがっている。こんなふうにぶらさがっている。さて、こんな感じなのか?

 

「われはよみがえりなり、命なり。われを信ずる者は、死ぬとも生きん。およそ生きて、われを信ずる者は、とこしえに死なざるべし」

 

とても大きな門だ。これはすべて鉄でできていて、白く塗られている。右のほうが丸くなっている。それほど離れていないところから、連中がなにか言ってきた。通路は暗かったが、扉から中庭へはいると、そこは明るく、開けていて、燕がさえずっていた。また扉だ。小屋のなかにはいった。

 

 ここが執行場所だ。ぜんぶ真っ白だ。どこもかしこも、枠までも。結局、黒ではなかった。階段をあがって…しっかりつかまって、もうじきだ。ここに立つのか? よし、それでいい。

 

 「人は女から生まれ、人生は短く、その生は苦しみにみちている。花のように咲き出ては、かりとられ、影のようにうつろい、ひとつ同じところにとどまることはない。

 

 生のただ中にありて(われら死せり)」

 

Yes, yes, of course, they always tolled a bell. But it was rather confusing, with things to think about.

Ah, they had come at last. Come, there was nothing more to think about now; nothing but to take it game. Hold tight—Jago hold tight…. ‘No thank you, sir—nothing to say, special. On’y much obliged to ye, thank ye kindly, for the grub an’—an’ bein’ kind an’ wot not. Thanks all of ye, come to that. Specially you, sir.’ It was the tall black figure again….

What, this was the chap, was it? Seedy-looking. Sort of undertaker’s man to look at. All right—straps. Not cords to tie, then. Waist; wrists; elbows; more straps dangling below—do them presently. This was how they did it, then…. This way?

‘I am the resurrection and the life, saith the Lord: he that believeth in Me, though he were dead, yet shall he live: and whosoever liveth and believeth in Me shall never die.’

A very big gate, this, all iron, painted white. Round to the right. Not very far, they told him. It was dark in the passage, but the door led into the yard, where it was light and open, and sparrows were twittering. Another door: in a shed.

This was the place. All white, everywhere—frame too; not black after all. Up the steps…. Hold tight: not much longer. Stand there? Very well.

‘Man that is born of a woman hath but a short time to live, and is full of misery. He cometh up, and is cut down, like a flower: he fleeth as it were a shadow, and never continueth in one stay.

‘In the midst of life….’

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: ジャェイゴウの子ども パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.