アーサー・モリスン「ジェイゴウの子ども」37章168回

キドー・クックの店は、うまくいっていた。露店であることは、今のところ事実であった。日よけは、それほど大きく張り出してはいなかった。でも、実に用心深く、中古の品をさがしだしたので、それほど日よけは傷んでいなかった。だが、金がたっぷりあるにもかかわらず、彼が酒を飲んで酔っぱらうことはあまりなかった。露店の店をだしている場所ほど、魅力のあるものはなかった。店があるハイストリートは、もっとも活気のある場所であり、ロンドン市議会の支店銀行からの資金が潤沢にながれてくるところだった。人々は、その場所のことをジェイゴウのキドー銀行だと言って、彼の預金を推測してからかった。キドーから、一ペニーの野菜を買えば、とジェイゴウの人々はおどけていった。彼はもったいぶりながら、金をとるようなことはしなかった。そのかわりに紙を一枚わたし、わたされた人は銀行で支払った。キドーが従事している輝かしい仕事は、ジェイゴウの者が思ってみたこともないものだった。彼は、州議会が建てた新しい住居に、部屋を二つ持っていた。まだ秘密ではあったが、キドー・クックとピジョニー・ポールは結婚することになり、スタート神父の許しをもらっていた。露店での商いも、手押し車をおしての行商も、どちらにもしなければいけないことが山のようにあった。

 

結婚式の日は、ハンナ・ペローが未亡人になって一週間をむかえる日だった。二、三日、神父は彼女を一人きりにして、その生活が人目にさらされないように守った。やがて、彼女が何の感情もみせない様子をみると、できるだけ静かに慰めようと近づいて、彼女の気をひきつける方向に話しかけようとした。彼がつくりだした魅力ある作業は、自分の部屋の中でできるもので、彼女のためにと考えたものだった。だが、彼女はいい加減に仕事をした。長い間ひとりにされると、彼女は床に横になって、椅子に顔をおしつけ、弱々しく泣いていた。だが作業をすることで、手先や頭を使う対象が見つかった。作業につき、スタート神父が作業の大切さを大げさに言ったせいで、彼女の虚ろな心も幾分みたされ、静まっていったのだった。

 

Kiddo Cook prospered. The stall was a present fact, and the awning was not far off; indeed, he was vigilantly in search of a second-hand one, not too much worn. But with all his affluence he was not often drunk. Nothing could be better than his pitch—right out in the High Street, in the busiest part, and hard by the London and County branch bank. They called it Kiddo’s Bank in the Jago, and made jokes about alleged deposits of his. If you bought a penn’orth of greens from Kiddo, said facetious Jagos, he didn’t condescend to take the money himself; he gave you a slip of paper, and you paid at the bank. And Kiddo had indulged in a stroke of magnificence that no other Jago would have thought of. He had taken two rooms, in the new County Council dwellings. The secret was that Father Sturt had agreed to marry Kiddo Cook and Pigeony Poll. There would be plenty for both to do, what with the stall and the regular round with the barrow.

The wedding-day came when Hannah Perrott had been one week a widow. For a few days Father Sturt had left her alone, and had guarded her privacy. Then, seeing that she gave no sign, he went with what quiet comfort he might, and bespoke her attention to her concerns. He invented some charing work in his rooms for her. She did it very badly, and if he left her long alone, she would be found on the floor, with her face in a chair-seat, crying weakly. But the work was something for her to do and to think about, and by dint of bustling it and magnifying its importance, Father Sturt brought her to some degree of mindfulness and calm.

 

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: ジャェイゴウの子ども パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.