アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」3章43回

そういうわけで森の家での生活はつづいていった。しばらくのあいだ、森の家のひとたちはアイザックおじさんがまた訪ねてくるだろうと待っていた。その後、おじさんが郵便為替を送ってこないので、半クラウン硬貨の返済が遅れる事情が生じたようだと思った。おじとしては、早く返済するつもりでいたからだ。だが数週間が経過しても、おじから何の音は沙汰もなく、その姿を見かけることもなかった。しばらくのあいだ、ジョニーの職業に関する問題は、何の解決策も見いださなかった。彼が学校を卒業してから、もう三ヶ月になっていた。事態は絶望的であり、郵便配達をするという案に屈しかけていた。ロンドンがとても遠いところにあり、手の届かない場所だと考えると、一覧表に記されているけど、あまり魅力のない職業にも、憧れるようになった。彼自身にも、ロンドンの記憶が残っていた。ベッシーよりも多くのことが、楽しい思い出として記憶にあった。そこから目にうつる風景は-彼の寝室の窓から見える風景だが-たくさんの船のマストが間近にみえていた。強風にあおられて(彼の記憶に残っているロンドンの天気は寒々としたもので、それも思わず身が引き締まる寒さであり、空気は乾き、やはり風が強かった)マストはしなって前後に重々しく揺れ、ロープは風をうけてはらみ、滑車もにぎやかに音をたてていた。夜になると彼は横になりながら、帆桁がうなり、ロープが軋んだり、がたがたいう音をきいた。目に見えないところで、時折、船が揺れて、波止場の上にでているジブブームの部分が清潔かと確かめるような様子は、まるで街がどういうところか確かめているかのようでもあった。

 

SO life went at the cottage. For a little while they looked for another visit from Uncle Isaac; since, as he sent no postal order, it was felt that he must defer the return of the half-crown merely because he contemplated an early payment in person. But weeks passed and nothing was heard of him, nor seen. Meantime the problem of Johnny’s trade met no solution. He had left school nearly three months now, and, the thing seeming desperate, he had well-nigh resolved to give in to the post-office. At the thought London seemed a far and wondrous place whereto he could never attain; and awe of the terrible list his grandfather had compiled from the London Directory, became longing for the least inviting trade in the collection. He had his memories of London, too, and they were more numerous and more pleasant than Bessy’s. There he could see, from his bedroom window, the masts of many ships, quite close. In the strong winds (and in his remembered London the weather was ever cold, brisk, dry, and windy) the masts bent and rocked gravely, the ropes bellied, and the blocks whistled aloud. At nights he lay and heard the yards groan and the cordage creak and rattle. Just by the corner, ships sometimes thrust prying jib-booms clean over the dock wall, as if to see what a town was like;

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.