アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」3章48回

老人は低木から葉っぱを切り落としたが、その上には毛虫が一匹のっていた。それから薬をいれる小さな筒に毛虫をいれた。「夜にエサを食べる虫も少しいるものだから、探しにきたんだよ」少年がかたわらに立つと、彼はいった。「おまえは紅茶の時間に戻ってこなかったね」彼はいった。「スローの実をもって家に帰るところかね? 朝までスローの実を置いておいても大丈夫だ、ジョン。のんびりしなさい。もう、摘んだのだから」

「うん、むこうから来たんだよ」ジョニーはあいまいに指さした。「ゼイドンにむかうほうがいいと思ったから。ベスは道ぞいに帰った。ぼくの方がおじいちゃんより早く帰ると思うよ。もし、おじいちゃんがまっすぐに帰るなら話は別だけど」

「わたしもじきに帰るよ。ピットに少し寄るつもりだが。ゆうべ木いちごやヒースの下から捕まえたものがさっぱりわからないんだ。ああいう虫はまったく見かけたことがない。だから、もっといるか確かめてから、捕まえるだけ捕まえてくる」

 彼らはいっしょに数ヤード歩いた。やがて木もまがらになってきた。「スレードを横切った方がいい」老人はいった。「そこを歩いていかないと大変な目にあうぞ」

 「そうするよ」少年はいった。「はやく紅茶にしたいしね」

 

 やがてゼイドンから家へとむかう道を、彼は小走りに歩いていたが、腕の籠は空になっていて、ズボンには両手をつっこみ、さらに六ペンスもつっこんでいた。そのとき物音に気がついたが、森からの悲鳴のようだった。だが、物音はそれ以上聞こえてこなかったので、彼は小走りにすすんだ。おそらく鹿がどこかで闘っているのだろう。十月の鹿というものは、このうえない闘士だからだ。

 

The old man had cut a leaf, with a caterpillar on it, from a shrub, and was packing it in a pill-box. “Out for a few night-feeders,” he explained, as the boy stopped beside him. “But you ain’t been home to tea,” he added. “Takin’ home the sloes? Might ha’ left ‘em till the morning, John, easy,—now you’ve got ‘em.”

“Oh, I come up from over there”—Johnny made a vague toss of the arm—”an’ I thought I might as well cut across to Theydon first. Bess went up the lane. I’ll be home ‘fore ye now, gran’dad, ‘nless you ‘re goin’ back straight.”

“I won’t be long behind ye; I’m just goin’ to the Pits. I can’t make nothin’ o’ them I took last night, under the brambles an’ heather,—never saw the like before quite; so I’m goin’ to see if there’s more, an’ get all I can.”

They walked together a few yards, till the trees thinned. “You’ll go ‘cross the Slade,” said the old man. “Step it, or you’ll be beat!”

“I’ll step it,” the boy answered. “I want my tea.”

He was trotting home by the lane from Theydon, with his empty basket on his arm, and his hands (and the sixpence) in his trousers pockets, when he checked at a sound, as of a cry from the wood. But he heard no more, and trotted on. Probably the deer were fighting somewhere; rare fighters were the bucks in October.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.