アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」9章86回

おおよそのところ、ナン・メイはダンキン氏と出会って、自分は運がよいのだと感じていた。父親のようにお節介をやきながら、彼女の手元に少し金があることに気がついたので、彼は在庫品を供給してあげようと請け合い、雑貨商のからくりについて少し教えてあげようと約束した。彼のほうにも不平をこぼしたくなる理由はなかった。家賃だけを望んでいたところに、家賃と在庫を購入してくれる客がいっぺんに見つかったからだ。さらに彼女は未亡人で、商売のことは何も知らなかった、他のひとなら買おうとしないものを売りつけることもできた。しかも少しばかり儲けがでるようにして。家賃についても、彼はうまいことをやっていた。前金を支払ったその日のことだが、空き店舗を数軒みても他に選択肢はなかった。それというのも、この店舗はジョニーにも、その商売にも打ってつけの物件だったからだ。彼女が疲れきって神経質になってしまい、不安をつのらせていたので、同情心あふれるダンキン氏は一週間にもう一シリング余計に手にいれる好機だと考え、実際に手にいれることに成功した。つまりナン・メイは掃除やら塗装やら、その店が必要としているものを支払うことになった。かなりの金額を必要としていた。二日ほど前に、ダンキン氏が悲しそうな面持ちで予測したとおりの金額で、入居人があらわれたら、塗装職人に払う予定の金だった。

そういうわけでナン・メイは、みずからその仕事に取り組んでいた。まず、家をきれいにしなければならなった。塗装はあとから考えてもよかった。街に到着したその日のうちに、彼女は部屋をひとつ掃いて住める状態にした。そしてその部屋に、彼女のつつましい家具が積み重ねられた。それから腕まくりをしてスカートの裾をたくしあげ、頭上をはたきではらい、壁と天井は箒で掃き、それから床にとりかかった。ジョニーも手伝っていたのだが、床をごしごし洗い始める段階で、彼の存在が邪魔になってしまった。そこで一日ほど、未亡人を手伝う時間がくるまで、近隣の様子を知って暇をつぶすことにした。

 

On the whole, Nan May had counted herself fortunate in falling in with Mr. Dunkin. For when, in his fatherly solicitude, he discovered that she had a little money in hand, he undertook to supply her with stock, and to give her certain hints in the mystery of chandlery. He, also, felt no cause for complaint: for he had hoped for a tenant merely, and here was tenant and customer in one. More, she was a widow, knowing nothing of trade, so that it might be possible to sell her what others would not buy, at a little extra profit. As to rent, moreover, he was doing well. For on the day the deposit was paid, Mrs. May had found little choice among vacant shops, and this was in a situation to suit her plans as to Johnny and his trade; and as she was tired and nervous, full of plain anxiety, sympathetic Mr. Dunkin saw his chance of trying for an extra shilling a week, and got it. And Nan May was left to pay for what painting and cleaning the place might need. It needed a good deal, as Mr. Dunkin had ruefully observed two days before, in expectation of a decorator’s bill if ever a tenant came.

And now Nan May addressed herself to the work. First, the house must be cleaned; the paint could be considered after. She had swept one room into a habitable state on her last day in town, and here her little store of furniture was stacked. Then, her sleeves and her skirt turned back, and a duster over her head, she assailed walls and ceilings with a broom, and after these the floors. So far Johnny helped, but when scrubbing began he hindered. So it was that for a day or so, until it was time for him to help with the windows, he had leisure wherein to make himself acquainted with the neighbourhood.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.