アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」9章95回

或る商店街を訪れたが、そこはかつてロンドンにいた頃、母とならんで歩いた記憶のある通りであった。今では、どこか薄汚れているようにも、下品なようにも思え、そこを歩く人々も元気がないように思えた。だが、ここはハーバー・レーンから離れた場所で、その近隣には沈滞したみすぼらしい通りがはしり、小さな家屋からなる通りが列をなしていた。さらに先のほうには、別の商店街があった。商店街というよりは、商店が片側にある通りだ。その通りの片側には、のっぺりとした壁がひろがっていた。だが巨大な船の骨組みはなく、煉瓦の上には肋材がもちあげられていることもなければ、その壁のうしろでハンマーがガチャンガチャンと音をたてていることもなかった。そこは放棄された造船所だったのだ。ペンキがぬられた板には汚れが厚く積もっていたが、売ったり、借りたりするための場所を提供していた。むかいにある数軒の店も打ち捨てられていた。他の店も貧相で、活気がなかった。ジョニーは数歩うしろにさがりながら、店をながめたが、やがて角のところでまがるとき、歩みをゆるめていなかったので、栗を煎っているコークスの炎に焼かれるところだった。そのまま角に彼は立つと、ポケットに両手をつっこんで、舗道の縁石を長靴の木底で蹴った。彼は昔のように立ち、大きな船がつくられ、そのまわりで光が輝き、店もあいていて活気があったときのように立っていた。おそらく、あばたの顔はかすかに青ざめていたが、どうするわけでもなかった。

 

In another place he came on just such market-streets as he remembered to have trotted along, at his mother’s side, in the old London life; though now, indeed, they seemed something dirtier and meaner, and the people seemed less cheerful. But this was a place away from Harbour Lane—a neighbourhood of dull and dingy rows of little houses, range on range. And still farther he found another street of shops, or rather half a street, for one side was a blank wall. But no great skeleton ship lifted its ribs above the bricks, and no hammers clanged behind them; for it was a ship-yard abandoned, and a painted board, thick with grime, offered the place for sale or hire. Some of the shops opposite were abandoned too, and the others were poor and dull. Johnny walked a few steps backward, looking at the shops, and when he turned about at a corner, he almost scorched himself at a coke fire where chestnuts were roasting; and there behind the fire stood the pockmarked man himself, not a whit altered! There he stood, with his hands deep in his pockets, and tapped the kerb with his clogged boots, just as he had stood when the great ship was making, and the lights flared round it, and the shops were all open and busy: perhaps the pitted face was a trifle paler, but that was all.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.