アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」10章99回

やがて親子が角をまがると、嬉々とした少年たちの一団に出くわした。少年達は走り、叫び声をあげながら、身をおどらせていた。そこにはみすぼらしいぼろを着た女がひとりいて、呪いの声をあげてはもがき、酒に酔ったふうで、激昂しては強く殴りかかり、狂乱の有様をていしていた。女の服はありふれた黒服であったが、埃にまみれ、手入れがされていなかった。スカートの片側は、はねあがった泥で汚れていた。その髪も肩にまとわりついて汚れていた。ボンネットは肩までずり落ちて、しわくちゃの縮緬の服にかぶさっていた。彼女はあちらこちらに、ふらふらと踏みだしては、周囲のすばしっこい腕白小僧めがけ攻撃をするのだが、それもむなしかった。それでも紙につつんだベーコンで、弱々しく相手を打とうとしたが、もうベーコンは消えていて、彼女の頭上に放り出されたかと思うと溝に落ち、いち早く拾いあげた手がふたたびほうりだしていた。

「やい、老いぼれの飲んべえのばばあ」野蛮な小僧達はさけんだ。二人の小僧が縄をのばして急襲をもう一度かけたが、その縄に犠牲となった女は二回ほどつまずいていた。なんとか彼女は両手で柱につかまると、大声でのろいをあげたが、その声はしわがれて意味をなしてなかった。

                         

Presently they turned a corner and came upon a joyful crowd of boys. They ran, they yelled, they flung, and in their midst cursed and floundered a rusty rag of a woman, drunk and infuriate, harried, battered and bedeviled. Her clothes were of decent black, but dusty and neglected, and one side of her skirt dripped with fresh mud. Her hair was draggled about her shoulders, and her bonnet hung in it, a bunch of mangled crape, while she staggered hither and thither, making futile swipes at the nimble rascals about her. She struck out feebly with a little parcel of bacon-rashers rolled in a paper, and already a rasher had escaped, to be flung at her head, and flung again by the hand that could first snatch it from the gutter.

“Yah! Old Mother Born-drunk!” shouted the young savages, and two swooped again with the stretched skipping-rope that had already tripped their victim twice. But she clasped a post with both arms, and cursed at large, hoarse and impotent.

 

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.