アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」10章100回

ナン・メイは呆然と立ちつくしたが、やがて駆けよった。その顔をやっと思いだしたからで、たしかに顔は汚れ、まるくふくれていたが、それでも面影はあった。「なんてこと」彼女はいった。「エマ・ペーシィだ。信じられない、昔の彼女を思いだすと」

たしかに衝撃は大きく、その変わりようには目をみはるものがあった。あまりにも変わってしまったので、一目見ただけではわからない有様だが、それでも十七年前なら正確にではなくても、彼女の特徴を言えたほどなのだ。当時、エマはすらりとした少女で、ナン・メイはいつも言っていたのだが、遊び好きで、早熟な少女で、本物の愛をもとめて騒ぎをおこしたが、結果的にはそのおかげでナンは結婚することになった。こうした状況で、かつての競争相手の顔をながめ、まるで自分の服をながめるように、探り深い眼差しをそそぎ、記憶に刻みつけた。「こんなことになるとは」ナン・メイは物思いにふけると、こうした場面を前にして、思いもよらないような感情の細波に困惑した。素朴な彼女の心は、女としての勝利をまったく感じていなかった。

だが、すべてが悪い方へと変わったようでもなかった。忙しそうに稼働している工場もあれば、かつては小さかった工場が、今では大きなものに変わっているところもあった。コーヒーの屋台も、二、三か所あったが、かつてはそうした店はなかった。そうした商売が増える兆しだ。だが、歩いてみたところで、ナンの心を喜ばせるようなものはなかった。

Nan May started and stood, and then hurried on. For she had recognised a face at last, grimed and bloated though it had grown. “Law!” she said, “it’s Emma Pacey! To think—to think of it!”

Indeed the shock was great, and the change amazing. It was a change that would have baffled recognition by an eye that had less closely noted the Emma Pacey of seventeen years ago. But Emma Pacey was a smart girl then (though fast and forward, Nan May had always said), and had caused some little disturbance in a course of true love which led, nevertheless, to Nan’s wedding after all. In such circumstances a woman views her rival’s face, as she views her clothes, with a searching eye, and remembers well. “And to come to that!” mused Nan May, perplexed at a shade of emotion that seemed ill-turned to the occasion, wherein the simple soul saw nothing of womanish triumph.

But the changes seemed not all for the worse. There were busy factories, and some that had been small were now large. Coffee-stalls, too, were set up in two or three places, where no such accommodation was in the old time: always a sign of increasing trade. But on the whole the walk did nothing to raise Nan’s spirits.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.