アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」10章101回

ジョニーは脇目もふらずに歩いた。この外出は、自分が蒸気機関を学ぶかどうか決めるためのもんであり、予期しないような体験に遭遇するかもしれないと漠然と思っていた。紳士たちの前にでる予定だった。たぶん相手は紳士で、それも自分の運命を即座に決めてしまう紳士で、外見やら態度やらを見ただけで自分の運命をすぐに決めてしまう相手なのだ。最高の態度をとるようにしなければならないので、その紳士がどんなことをするのか、何を言うのかと想像し、自分が考えてもいない振る舞いの問題にはどういうものがあるのかと、今日まで考えてきた。幾度も、幾度も考えてみたので、周囲の状況に全然気がつかなかった。かつて一度だけ、こうした恐怖をあじわったことがあるが、それは三年前のことで、歯を抜いてもらうためにウッドフォードへと足どり重く歩いていたときのことだった。

 

Johnny saw little. The excursion was to decide whether he should learn to make steam-engines or not, though what manner of adventure he was to encounter he figured but vaguely. He was to come into presence of some gentlemen, presumably—gentlemen who would settle his whole destiny off-hand, on a cursory examination of his appearance and manner. He must be alert to show his best behaviour, though what things the gentlemen might do or say, and what unforeseen problems of conduct might present themselves, were past guessing; though he guessed and guessed, oblivious of present circumstance. Only once before had he felt quite that quality of trepidation, and that was three years back, when he trudged along the road to Woodford to get a tooth drawn.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.