アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」10章102回

だが面接は上出来だった。最初のうちこそ重々しい感じがして、少し大げさではないかとジョニーは思い、歯科医の待合室よりも重々しいくらいだとも考えた。ぴかぴかの真鍮の手すりがついたカウンターのむこうには、磨りガラスで仕切られた席があり、そこには事務見習いの少年がひとりいた。メイ未亡人のような訪問は珍しく、仕事とは関係のないものであったし、彼女がおずおずとメイドメント氏かハースト氏に会いたいと言い出したところ、ひとりは亡くなっていたし、もうひとりも遠方に行っていたせいで、事務見習いはすっかりまごついてしまい、職場の奥からでてきて応対しようとはしなかった。そこで、しばらくすると下級事務員がひとり姿をあらわし、質問をいくつかすると、担当の社員がいるかみてきてあげようと応じてくれた。そういうわけで事務見習いの少年は慎重に、疑り深く、隅々までよく調べ、彼の環境ではデザインの能力が怪しいだろうと疑い始めた。だが、とにかくジョニーと母親が奥の部屋までとおされたところ、簡素ながら金をかけたその部屋にいたのは三十歳か三十五歳くらいの紳士で、高価な身なりに重々しい物腰で、書き物机にむかっていた。紳士はメイ未亡人にむかって、ややぶっきらぼうに亡くなった彼女の夫について、生年月日やその他のことを二、三たずね、彼女が答えるたびに机上のノートを確認した。そこでメイ未亡人は、玄関をくぐったときから手ににぎりしめていた三枚の紙のうち一枚をさしだした。彼女の結婚証明書だった。

「これは、いや、いや、ありがたいです」紳士はいくぶん態度をかえると、そう言った。「はっきりします。こうしていただくのが一番です。確かめるには最高の手段です。すべての社員を思い出せるわけではありませんから。では、君は技師になりたんだね?」

「はい、もし可能であれば」技師になるのが大変だとは、彼は思ってもいなかった。

「よし。きつい仕事がたくさんあるぞ。そうしたことを嫌がらないか?」

「はい、大丈夫です」

「歳はいくつだね?」

「来月で十五歳になります」

「学校のほうは大丈夫か?学年は何年になるのか?」

「七年になりました」

メイ未亡人は残りの二枚の紙を手渡した。校長先生と教会の牧師からの推薦状だった。

紳士はその推薦状を読み終えると、「よし、よし、とても立派なものだ。本当に立派なものだ」と言った。「だが、まだ学校の勉強は終えていないな、もし技師になるのなら。絵は好きか」

「はい」

 

But he came off very well, though the preliminaries were solemn—rather more portentous, he thought, than anything in the dentist’s waiting-room. There was a sort of counter, with bright brass rails, and a ground-glass box with an office-boy inside it. The unprecedented and unbusinesslike apparition of Mrs. May, with a timid request to see Mr. Maidment or Mr. Hurst (one was dead, and the other never came near the place), wholly demoralised the office-boy, who retired upon his supports in the depths of the office. Thence there presently emerged a junior clerk, who, after certain questions, undertook to see if the acting partner were in. Then came a time of stealthy and distrustful inspection on the part of the office-boy, who, having regained his box, and gathered up his wits, began to suspect Johnny of designs on his situation. But at last Johnny and his mother were shown into an inner room, furnished with expensive austerity, where a gentleman of thirty or thirty-five (himself expensively austere of mien) sat at a writing-table. The gentleman asked Mrs. May one or two rather abrupt questions about her dead husband—dates, and so forth—and referred to certain notes on his table after each answer. Then Nan offered him one of three papers which she had been fiddling in her hand since first she passed the street door—her marriage “lines.”

“O, ah, yes—yes—of course,” said the gentleman with some change of manner. “Of course. Quite right. Best to make sure—can’t remember everybody. Sit down, Mrs. May. Come here, my boy. So you want to be an engineer, eh?”

“Yes, sir, if you please.” He never thought it would be quite so hard to get it out.

“Ah. Plenty of hard work, you know. Not afraid of that, are you?”

“No, sir.”

“How old are you?”

“Fifteen next month, sir.”

“Get on all right at school? What standard?”

“Passed seventh, sir.”

Mrs. May handed over her other two papers: a “character” from the schoolmaster and another from the rector.

When the gentleman had read them, “Yes, yes, very good—very good, indeed,” he said. “But you’ve not finished learning yet, you know, my boy, if you’re to be an engineer. Fond of drawing?”

“Yes, sir.”

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.