アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」10章109回

ベッシーは、ジョニーがうまくいったという知らせに有頂天になった。彼女は思いやり深く、同じクラスの、歳よりも賢い少女たちと比べても、さらにませていた。それに彼女は何も言わないまま心配していたからだ。そういうわけで今、彼女は昔の俊敏さで飛びまわっていた。それから彼女は、左側の隣人が壁からのぞいていたと告げた。母子が帰ってきたころ、隣人はのぞき、さらにわざとらしい咳をして、関心をひきつけようとしていた。そこでメイ未亡人は裏庭に行った。

 

「こんにちは、奥さん」声をかけてきた隣人は赤ら顔の男で、デニムの作業服を着ていた。「天気がすこしいいね。半日ばかり、手入れをしていたんだ」彼は塀の裏を軽く叩くと身をかがめた。体をおこしたときに、さしだした手にはペンキが一缶にぎられていた。「少しばかり赤いペンキを使わないかね?」

 

Bessy brightened wonderfully at the news of Johnny’s success. For she was thoughtful and “old-fashioned” even among the prematurely sage girl-children of her class, and she had been fretting silently. Now she hopped about with something of her old activity. She reported that the next-door neighbour on the left had been persistently peeping over the wall, and that just before their arrival the peep had been accompanied by a very artificial cough, meant to attract attention. So Mrs. May went into the back-yard.

“Mornin’, mum,” said the next-door neighbour, a very red-faced man in a dungaree jacket. “Weather’s cleared up a bit. I’ve bin ‘avin’ ‘alf a day auf, touchin’ up things.” He sank with a bob behind the wall, and rose again with a paint-pot in his lifted hand. “Bit o’ red paint any use to ye?”

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.