アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」12章117回

12章

 

だが、月曜日は同じようには始まらなかった。ジョニーは五時過ぎにはもう起きて、六時には職場についていないといけない。だがこの日は、初めて出勤する朝だったので、四時半過ぎには起きて、意欲をたぎらせていた。彼も早く起きたけれど、母親のほうが先に起きていた。彼が普段着のうえに、白い、新しいズック製の作業着をきていると、下のほうから母親が動きまわる物音が聞こえてきた。ナン・メイが考えていたのは、彼が家から出ていって、これから開拓しようとする世界は、少なくとも食べさせてくれて、暖かい世界であり、おそらく気持ちのいい世界であるということであった。その朝、五時少し前の、物の形がはっきりとわからない暗がりのなかでも、家のなかには眠くて仕方ないという不機嫌な感情はいっさいなかった。朝食が二食分、彼のために用意されていたが、一食はこれからの食事の分であり(結局、彼はほとんど口をつけなかった。興奮していたからだ)、もう一食は弁当容器にいれられたもので、赤いハンカチで包まれていた。職場で食事をとるためのもので、新しい、たっぷりとコーヒーがいれてある錫の缶もおかれていた。朝食をとるために許されている三十分では、急いでも家に帰って、また急いで職場に戻るには不十分であった。また昼一時間職場にいれば、夕方、母親といっしょに過ごす時間ができるだろう。ベッシーも、興奮のあまり起きて、足をひきずりながら歩いて、ジョニーの出発を見送った。彼が店の扉をでたのは予定よりも三十分早く、長靴の音を響かせながら出ていった。通りには暗闇がたちこめ、深夜よりも、この時間のほうが暗いくらいだった。暗闇がほのかなガス灯の灯を包んで消してしまっていた。ときおり、みぞれが風にのって飛んできた。少し汚れ、なかば溶けかかった昨日の雪のせいで、道は泥だらけになっていた。周囲に誰もいなかったので、ジョニーの白い上着についた、勇ましい名誉の印を見る者はいなかった。そして残念なことに、冷たい風から身を守るための上着が、その名誉の大半を隠していた。だが彼が満ち足りた心で思いだしているのは、炉にコーヒーを置けば、その日、家に帰る頃には、恥ずかしいくらいに新しい缶も煤けるという言葉だった。

 

CHAPTER XII.

BUT Monday saw another beginning. Johnny must rise soon after five now, to reach his work at six; but on this, the first morning, he was awake and eager at half-past four. Early as he was, his mother was before him, and as he pulled his new white ducks over his every-day clothes he could hear her moving below. Nan May was resolved that the boy should go out to begin the world fed and warm at least, and as cheerful as might be.

For this one morning Johnny felt nothing of the sleepy discomfort of any house in pitch dark a little before five. Two breakfasts were ready for him, one for the present moment (which he scarce touched, for he was excited), and another in a basin and a red handkerchief, for use at the workshop, with a new tin can full of coffee. For the half-hour allowed for breakfast would scarce suffice for the mere hurrying home and hurrying back again; and the full hour at midday would give him bare time for dinner with his mother.

Bessy was infected with the excitement, and stumped downstairs to honour Johnny’s setting out. He left the shop-door half an hour too soon, with a boot flung after him. The darkness of the street seemed more solid at this hour than ever at midnight, and it almost smothered the faint gas-lights. Now and again a touch of sleet came down the wind, and a little dirty, half-melted snow of yesterday made the ways sloppy. Nobody was about, to view the manly glory of Johnny’s white ducks, and he was not sorry now that his overcoat largely hid them, for the wind was cold. And he reflected with satisfaction that the warming of his coffee on a furnace would smoke the inglorious newness off the tin can ere he carried it home in the open day.

 

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.