アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」12章126回

その日の朝食時に、もうそれ以上のいたずらは起きなかった。老ベンは長々と腰をおろして食事をしていたが、かたわらにくさびの山をおき、行儀を認めがたい見習いがいれば、投げつけられるようにしていた。彼の眼鏡はもう鼻の上にあったし、さいわいにも、その腕前は侮りがたいものとして知られていた。更にくさびもあり、どちらも痛く、相当重さがあるものだったので、スミスの店で朝食は礼儀正しく食されることになった。

 ジョニーの新しい缶は、満足なくらいに黒くなったし、彼の朝食もじゅうぶん腹におさまった。言葉のからかいをしてくる見習いたちに、彼はできるだけ上手くかえした。とは言え、彼には、ロンドン下町っ子らしく、素早い応対はできなかった。やがて鐘がなり、朝食の席にいた者たちは仕事に戻った。

 コッタムさんは作業場のあちらこちらに視線をむけては、ジョニーが取りかかるべき、簡単な仕事を探した。しっかりした男といっしょの作業で、手元において監督してもらえる作業がいい。やがて彼の凝視がロング・ヒックスの姿をとらえると、そこで視線はとまった。それからジョニーは彼のところに行き、ボルト作業を手伝うことになった。そしてジョニーは、長身の男の予想が現実になったことに気がついた。長身の男もにやりとして彼を受けいれたが、その笑いはもう内気なものではなかった。彼はジョニーをボルトとナットのところに連れてくると、ボルトを万力に固定する方法を教え、スパナで万力の上にとめねじをはめるやり方を教えた。ジョニーはその作業に熱心にはげみ、そうこうしているうちに午前が過ぎていった。

 

There were no more tricks that breakfast-time. For when at length old Ben subsided to his meal, he put a little pile of wedges by his side, to fling at the first boy of whose behaviour he might disapprove. And as his spectacles were now on his nose, and his aim, thus aided, was known to be no bad one, and as the wedges, furthermore, were both hard and heavy, breakfasts were eaten with all the decorum possible in a smiths’ shop.

Johnny’s new can was satisfactorily blackened, and his breakfast was well disposed of. Such youths as tried him with verbal chaff he answered as well as he might, though he had as yet little of the Cockney boy’s readiness. And at last the bell rang again, and the break-fasters went back to work.

Mr. Cottam, casting his glance about the shop in search of the simplest possible job for Johnny to begin on, with a steady man at hand to watch him, stopped as his gaze reached Long Hicks, and sent Johnny to help him with his bolts. And so Johnny found the tall man’s surmise verified, and the tall man himself received him with another grin a little less shy. He set him to running down bolts and nuts, showing him how to fix the bolt in a vice and work the nut on it with a spanner. Johnny fell to the task enthusiastically, and so the morning went.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.