アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」13章127回

ナン・メイが店をあけたときに、目にとびこんできたのは、男たちが造船所の壁にする煉瓦をたくさんおろしている姿で、むかいの二本の白墨線のあいだに煉瓦をおろしていた。彼女は、そのときは格段気にも留めず、自分にどれほど深く関わってくるものになるのか思いもしなかった。これは、造船所にはいる職人たちの、新しい門となるもので、そこを通ることになる職人たちが店の経営状況をかえることになるからだ。しかしながら、その日は煉瓦積み職人たちがチーズを少し買いにきただけだった。

 

 商いについて言えば、その日は土曜日と同じくらいにさえない日であった。ラードを買いにくる酔っぱらい客もいなかった。時が過ぎるにつれて、ナン・メイの気持ちは暗くなっていった。ベッシーは店と居間を区切るドアのところに立ち、青ざめた顔色で、心配そうにしながら、雄々しい表情をみせようとしていた。一時前に食事が用意された。ベッシーや母親が食べる食事ではなく、ジョニーのためのものだった。一時十五分頃、ふたりはドアのところで、できるだけ明るく彼を出迎えた。職場の話を聞きたくて、聞きたくて仕方なかったのだ。彼が隣に住んでいる長身の男と帰ってくる様子に、ふたりは首をかしげた。そして長身の男のほうは、ふたりをみると、まごついた様子で困惑気味だった。はじめのうち彼はわざと後ろを歩き、ジョニーだけを行かせようとした。だが彼は思いなおすと、急いで大股に歩いてきて、右も左も見ることなく、自分の家のドアに飛びこんだ。

 

WHEN Nan May opened shop, she saw that men were pulling down as much of the ship-yard wall opposite as stood between two chalk lines. She thought no more of the thing at the time, not guessing how nearly it concerned her. For this was to be a new workmen’s gate to the ship-yard and passing workmen might change the fortunes of a shop. For that day, however, there was no sign but the demand of a bricklayer’s labourer for a penn’orth of cheese.

It was as bad a day as Saturday, in the matter of trade—indeed there was no drunken man to buy lard—and the woman’s heart grew heavier as the empty hours went. Bessy stood at the back-parlour door, pale and anxious, but striving to lift a brave face. Before one o’clock there was dinner to be prepared; not that either Bessy or her mother could eat, but for Johnny. And at a quarter past one both met him at the door as cheerfully as they could; and indeed they were eager to hear of his fortunes. They wondered to see him coming with the long man who lived next door; and the long man, for his part, was awkward and nervous when he saw them. At first he hung back, as though to let Johnny go on alone; but he changed his mind, and came striding ahead hastily, looking neither to right nor to left, and plunged in at his door.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.