アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」14章141回

時がたつにつれ、はたして彼女に情というものがあるのだろうかと彼は疑いはじめた。彼女が品物を購入してくれる回数は少なくなっていき、ついにはまったく買わない状態になってしまったからだ。ベーコンは、ボーローストリートにある店から運ばれてきたが、そこで取り引きされている値段は見るも嘆かわしいものだった。彼が家賃をとりにきたときでも、目の前で取り引きしていた。彼は集金の男をやとっていた。だが、じきに彼が自分で家賃をとりにくるようになった。自分がそこにいて、その様子をみたならば、この恩知らずの入居者も恥ずかしくなって、礼儀正しさを取り戻し、ベーコンやマスタードを注文するかもしれないからだ。彼はそっと咳をして、入ってくる品々に鋭い目をむけた。だがナン・メイは動じることなく、恥知らずなまでの落ち着きをみせながら、御者に指示をだした。同情するような声音をだしながら、ダンキンさんは、商売の調子について訊ねた。彼女は店主らしい調子で、「不平はこぼせないかもねえ」と答えた。彼は、最初に卸した品物について、何気ない会話をかわしながら、彼女がその品々をどのように処理して、売れ具合はどうだったかと訊ねた。だが彼女の答えは無邪気なくらいに正直で、真実を語る様子はあまりに思いやりに欠けているものだったので、善良なるダンキンさんはすっかり当惑してしまった。挙句の果てに、何か欲しいものがあれば、注文してくださいということを向こう見ずにもほのめかされて、すっかり小さくなってしまった。だが彼は何も注文しないで、ぶつぶつ言いながらハーバーレーンへの方へとふみだし、そのまま行ってしまった。それからしばらくたつと、代わりに集金の男がきた。

 

But as time went, he began to doubt if she were, for her custom dropped away to nothing. The rate at which bacon was handed in from the cart of a firm somewhere in the Borough, was scandalous to behold. Before his very eyes, too, when he called for the rent. He employed a collector, but presently took to coming for the rent himself, that by his presence and his manner he might shame so thankless a tenant into some sense of decency, some order for bacon or mustard. He coughed gently and stared very hard at the incoming goods, but Nan May was in no wise abashed, and gave the carman his directions with shameless composure. With his sympathetic stop full out, Mr. Dunkin asked how trade was, and Nan May answered in proper shopkeeper terms, that “she mustn’t grumble.” With hums and purrs, he led back through casual questions and answers to the stock he had at first supplied, and asked her how she had done with this, and how that had “gone off.” But her answers were so artlessly direct, so inconsiderately truthful, that good Mr. Dunkin was clean baffled, and reduced at last to a desperate hint that if anything were wanted he could take the order back with him. But he got no order, so he purred and hummed his way into Harbour Lane, and so away; and after a time the collector came in his stead.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.