アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」15章146回

同じ時期の或る土曜日、アイザックおじさんは、黒の一番いい揃いの上着とズボンを着て、山高帽をかぶり、手には輪飾りのついた杖をもって、監督に会いに出かけた。仕事は、今はあまり活気を呈していなかった(船大工の仕事は、どこも活気がなかった)。一週間に休みが三日あるということは、自由で、独立した船大工の証であり、誇りであったが、今では悲しいことに、強制的な休みとなりかけていた。アイザックおじさんは、(怠け者だったせいで)、最近ではますます貧乏になっていたが、好きこのんでそうしている状態をこえるものだった。こうした場合、勤務時間ではないところで、監督と話をする機会をさがすのが彼のやり方で、雄弁術を駆使しては巧みにご機嫌をとり、抜け目なく推察をめぐらした。そうして雄弁家にとって好ましい状況になるように、短い時間をどう配分していくのか決めるのだった。

 彼にしても、ナン・メイとその子どもたちの運命を気にかけていたが、前にも述べたように、彼は優しい心の持ち主だったので、失敗や生活困難に直面するにちがいないと思われる場面からは、できるだけ自分を遠ざけようとしていた。もし店がうちすてられていなければの話だが。それに貧しい親戚を、自分の下宿にむかえようという気持ちは微塵もなかった。そういうわけで、今、彼は慎重に道をえらび、心の地図に通りを注意深く思い浮かべた。それにもかかわらず、あからさまに道を選んでいるうちに、ハーバーレーンの近くまできていた。

 

ON a Saturday afternoon about this time, Uncle Isaac, in his best black suit and very tall hat, and with the Turk’s-head walking-stick in his hand, started out to see a foreman. Work was rather slack just now (shipwrights’ work was slack everywhere), and the three holidays a week that once were the glory and boast of a free and independent shipwright, were now apt to be a woeful compulsion. Uncle Isaac had been of late poorer (because idler) than he liked, and in such case it was his way to seek the chance of meeting his foreman out of hours, in order to a display of rhetoric, oblique flattery, and dexterous suggestion, that might influence a distribution of short time that would be more favourable to the orator.

He had wondered much as to the fortunes of Nan and her children, but as it has been said, his tenderness of heart kept him as far as possible from what he believed must now be a scene of sheer failure and destitution: if, indeed, the shop were not abandoned; and he was by no means anxious that his poor relations should discover his new lodgings. So now he picked his way with circumspection, and with careful cogitation of a mental map of the streets; bestraightforwardess straightforward journey would take him much too near to Harbour Lane.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.