アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」15章148回

「マンディの旦那、ちょっと聞いてくれ」大きな声をはりあげると、横柄な様子で声をかけてきた。「聞いてよ。レディが声をかけているのに、答えてくれないのかい?」

「侯爵夫人、続けろ」少年がひとり、激励の野次をとばすと、柱のうえに腰かけた。「礼儀を忘れたのか。このレディから目をそむけるつもりかい?」今度は、くすりと笑った。アイザックおじさんはさらに遠ざかり、迫害者とのあいだに男達の集団をいれようとした。だが、そう易々と彼女を追い払うわけにはいかなかった。彼女は背筋をぴんと伸ばし、軽蔑もあらわに威厳をみせようとしたが、その威厳も、時折しくじるせいで台無しになった。ボンネットをぐしゃぐしゃにして、片側の耳のうえで上下に揺らしながら、彼女はアイザックおじさんのあとを追いかけ、男たちのせいでできた人垣をかき分けた。

「ひどいねえ。あんまりじゃないか」彼女はまくしたてると、片方の腕を勢いよくふりまわした。「レディが頼み事をしたら、侮辱したりはしないくせに。この破廉恥な、やくざ野郎め」こうゆっくりと言うと、悲劇的な息づかいで深呼吸をしてから、しばらく息をとめた。それから、耳をつんざくような調子で訴えた。「マンディの旦那。答えてくれ。二ペンス貸してくれるのかい?」

 

“‘J’ear, Mr. Mundy!” This in a loud voice, with an imperious gesture. “‘J’ear! Can’tche’ answer when a lady speaks t’ye?”

“Go on, guv’nor!” said a boy encouragingly, sitting on a post. “Where’s yer manners? Take auf yer ‘at to the laidy!” And there was a snigger. Uncle Isaac shifted farther still, and put a group of men between himself and his persecutor. But she was not to be so easily shaken off. Drawing herself up with a scornful majesty that was marred by an occasional lurch, and the bobbing of the tangled bonnet hanging over one ear, she came after Uncle Isaac through the passage readily made by the knot of men.

“Ho! so it’s this, is it,” she declaimed, with a stately backward sweep of the arm. “If a lady asks a triflin’ favour you insult ‘er. Ye low, common, scoundrel!” This very slowly, with a deep tragedy hiss and a long pause. Then with a piercing note of appeal: “Mr. Mundy! I demand an answer! Once more! Will you lend me twopence?”

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.