アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」16章161回

だが主賓であるバトスンさんは、食事の席についた。これまでナン・メイが見たことがないくらい、二人の男はどちらも、自分の食事のように食べていた。あきらかに、彼はひもじい思いをしていた。人のいい彼女は、この不運な男に憐憫の情を覚え、育ちがよいのに、裕福な親戚から見捨てられるなんて残酷だと考えた。彼女がベーコンをたっぷりと切り分け、さらに追加してベーコンをよそい、パンも、バターもたっぷりと盛りつけて、彼の手の届くところに置いたので、ついに彼もみたされた。

バトスンさんは元気を取り戻すと、アイザックおじさんの紙包みの中味をわけてもらってパイプにつめ、会話にいくぶん注意をむけた。だが会話の流れは、バトスンさんにも、その困り事ともまったく関係のない財産のほうへと進んでいった。彼は、たしかに遠慮していた。おおかたの服を手放してしまったので、シャツを着ていないも同然だった。彼の道具は、質草となってしまっていた。道具が預かりになっているような状況では、仕事を探すのも躊躇せざるをえなかったが、買い戻そうにも金がなかった。だが、残酷な親戚に頼るくらいなら、飢えた方がまだましだし、見知らぬ人から助けてもらう方を選ぶだろう。

やがてバトスンさんが暇乞いを告げ、震えながら風の吹きすさぶ夜へと出ていったが、アイザックおじさんは用心深いことに相手をひとりで帰らせることにして、自分は店の奥の居間に残り、友人の姿が完全に見えなくなるのを待った。だがナン・メイは通りを駆けて、立ち去った客のあとを追った。女の声が懇願するように、あわただしく二語、三語呼びかけた。「うちにくるのよ、バトスンさん。ぜったいに。来ないとだめよ」そし彼女は急いで戻ってくると、息をきらせながらも、少し恥じ入るような風であった。彼女はカウンターのところにくると、現金箱のふたを閉めてから、店の奥の居間へはいった。

アイザックおじさんは、彼女が戻ってきたとき、するどく一瞥したが、そのままパイプをくゆらし続けた。

 

But chiefly Mr. Butson attended to the meal. Nan May had never seen two men together eat such a meal as his. Plainly he was famished. She was full of pity for this unfortunate, so well brought up (thought the simple soul), so cruelly neglected by his well-to-do relations. She cut more slices of bacon, and more, and still more of bread and butter, quietly placing them to his hand, till at last he was satisfied.

Mr. Butson was refreshed, filled his pipe again from Uncle Isaac’s paper, and gave some attention to the conversation. But the conversation took to itself the property of rarely travelling far from Mr. Butson and his troubles. He had no false modesty about them. He had parted with almost all his clothes, and hadn’t a shirt to his back. His tools were in pawn, and a man felt discouraged from looking for a job when his tools were “put away,” and he had no money to redeem them. But he would starve sooner than apply to his unnatural relations; he would take the help of strangers first.

When at last Mr. Butson took leave, and went shivering into the gusty night, Uncle Isaac was careful to let him go alone, and to remain, himself, in the shop parlour till his friend was clear away. But Nan May ran down the street after her departed guest. There were a few hurried words of entreaty in the woman’s voice: “Here, Mr. Butson. Do! you really must!”—and she scurried back breathless and a trifle shamefaced. She reached across the counter and shut the till ere she came into the shop parlour.

Uncle Isaac Iooked up sharply in her face as she entered, but went on with his pipe.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.