アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」17章162回

  この訪問を契機に、バトスンさんはそれから頻繁に訪問するようになった。やがて数ヶ月後には、アイザックおじさんと同様に、定期的に足をはこぶようになっていた。彼は昔の面影を少し取り戻し、衣服も次から次に新しくなっていった。だが彼の運もそこまでで、仕事を探すときには運に見放されたようであった。彼が見つけた些細な仕事も、監督者から無礼なまでのあら探しをされたり、わけもなく仕事のやり方で無理強いをされたりして、だめになってしまった。人のいいナン・メイには、彼はひどい虐待をうけている者の典型に思えた。

 ジョニーとベッシーは愛想をつかしていた。ベッシーは無言で、できるだけバトスンさんを避け、彼が居間にいるときは店に座っていた。ジョニーは夜になれば散歩にでかけたが、不平をこぼし、母がなぜ他人を励ますのだろうかと訝り、「ただ飯食い」と礼儀知らずにも言った。ナン・メイは、その言葉に傷つき、作業場がジョニーの行儀を駄目にしたのかと案じた。

 

THIS visit was but the first of many from Mr. But-son: until after a very few months he came as regularly as Uncle Isaac himself. He recovered his old appearance a little at a time, one new article of clothing coming after another; but he seemed to have no luck in his quest for a job—or very little. What small success he found was ever brought to naught by the captiousness—even the rudeness—of those in direction, or their unreasonable exactions in the way of work. To simple Nan May he seemed the most shamefully ill-used of exemplars.

Johnny and Bessy were Iess enthusiastic. Bessy said nothing, but avoided Mr. Butson as much as possible, sitting in the shop when he was in the back parlour. Johnny went for walks in the evening, and grumbled, wondering why his mother encouraged this stranger—”cadging suppers,” as he uncivilly put it. Nan May was hurt at the expression, and feared that the workshop was spoiling Johnny’s manners.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.