アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」19章178回

 影が長くのびてきて、あたり一面の漆黒の闇。思い出の地をすべて訪れることは叶わぬことであった。だが、昔、ベッシーがとりわけ歓喜にひたっていた地は、すべて散策した。ただ、ウォームリィトン・ピットは別だった。ジョニーは一度、思慮に欠けたことに、そちらへ行きかけたが、「行ってはだめよ」ベッシーは、ほとんど囁くような声で言うと、彼の腕に手をかけた。「そっちには行かないで、ジョニー」

 やがて二人は、疾くように暗くなりゆく森に背をむけ、麓の村へと急な小道をもどった。甘い香りが、宵の一番星が瞬くとともに漂いはじめ、そよ風にのって、二人のところへ運ばれてきた。ふたりが森を最後に一瞥しようと振りかえると、丘のいただきの木々は、そのむこうの主につかえる長身の見張り人という様子で、西側を赤く染めながら、ふたりにうなずいた。それから太陽と別れた。

 石だらけの小道をすぎると、ラフトンには灯りがともされていた。埃だらけの道端に、ささやかに点在しているのはガス灯と鉄道の信号だった。もう、あきらかに二人とも疲れていた。ベッシーの疲れ方は、いささかの、という程度ではなかった。だが列車には休息という饗応が待っていた。ベッシーが眠っても、じろじろ見るような乗客はいなかった。コンパートメントには、彼らしかいなかった。二駅を過ぎた頃、むかいの窓辺にたって外を眺めていたジョニーが視線をむけると、妹はまどろみ、うつむき加減で、松葉杖の持ち手に顔は隠れていた。その姿は、老人の葬儀のときに馬車に座っていたときのままであったので、ジョニーははっとして、立ち姿勢から、そこに座り直した。いかにも今まで、あの日からのことを、彼は一度も思い出したことがなかった。それから松葉杖を静かにどけると、彼女の顔をみた。だが、その顔は平穏で、安らかであった。彼女の顔の向こう側に手をのばして、自分の肩にひきよせた。見るからに彼女は疲れているのだが、車両にクッションはなかった。

 

And now they turned their backs on the fast darkening forest and took a steep lane for the village below. The sweet smells, that go up at the first blink of the evening star, met them on the breeze; and when they turned for their last look toward the woods, the trees on the hill-top, tall sentinels of the host beyond, barred the red west and nodded them and the sun goodbye.

Out of the stony lane, Loughton was lighted, and at the end of a dusty road was a small constellation of gas-lamps and railway signals. Now it was plain that both were a little tired—Bessy perhaps more than a little. But the train gave a welcome rest, and there were no passengers to see, even if she slept, for they were alone in their compartment. They had passed two stations, when Johnny, who had been standing to look out at the opposite window, turned and saw that his sister was dozing, with her head bent forward and her face hidden by the crutch-handle. It was so wholly her figure as she sat in the cab at the old man’s funeral, that Johnny started, and sat where he stood, though he had never once called the thing to mind since that day. And he took the crutch gently away, to look at her face. But it was calm and untroubled; and he put his hand at the farther side of it and pressed it to his shoulder; for plainly she was tired out, and there were no cushions in the carriage.

 

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.