アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」20章183回

 彼は飛びあがるようにして立ち、バトスンの片手を、近いほうの手を、自分の両手でつかんだ。「バトスンさん!」彼はいった。「バトスン! 私の古くからの親友であるヘンリーよ。私の希望の星であり、憧れであるあなたが報われたのです。ナン、おまえは最大のなすべきことをしたのだと、私は確信している。なぜ私は確信するのか? これから、確信する理由を話そう。私の姪はご覧のように、若い女性で、あらゆる幸運を願ってもいい女性だ。さらに言うなら、財産も幾ばくかあり、子どもは二人、商売もしていて、願ったり叶ったりの女性だ。二人の子どもたちと商売には、私の考え方が反映されている。さらにつけ加えるなら、こちらにいらっしゃる尊敬すべき友であるバトスンは、生活においても、血縁においても、文句のない御仁で、子どももいなければ、仕事もない。ふたりは熟慮して、いかなる配偶者がふさわしいか考えたのではないだろうか? 聖なる結婚生活へ導き、その礎となったものは何であろうか? 私には、語り難いものである。何はともあれ、彼のためにお茶をのもう。そして必要なことなら、すべてやろう。ああ、義務のように私は行うつもりだ。それが運命だというなら、私はつくすつもりだ。素晴らしいことであろうとなかろうと、私はつくすつもりだ。今までもそうしてきたが」

 

He sprang to his feet, and seized one of Butson’s hands—the nearest—in both his own. “Mr. Butson!” he said: “Butson! Me ole friend ‘Enery—me dearest ‘opes an’ wishes is rewarded. Nan, you’re done most dootiful the confidentialest o’ my intentions. For what was my confidential intentions? ‘Ere, I says, confidential to meself, ‘ere is my niece, a young woman as I wish every possible good fortun’ to, though I sez it meself: a very sootable young woman o’ some little property with two children an’ a business. Two children an’ a business was my reflection. What’s more, ‘ere’s my very respected friend Butson—than which none more sofash’nable by ‘abit an’ connexions, with no children an’ no business. Them considerations bein’ thus what follers? What’s the cause an’ pediment to ‘oly matrimony? Far be it from me, sez I, to dictate. But I’ll take ‘im in to tea, any’ow. An’ I’ll do whatever else is ne’ssry. Yus, I’ll do it, sez I, as is my dooty. I’ll work it if it’s mortal possible. Whether grateful or not I’ll do it. An’ I done it.”

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.