リチャード・ミドルトン 「ブライトン街道にて」1回

ブライトン街道にて リチャード・ミドルトン

 

ゆるゆると、太陽は凛とした白い丘陵をのぼっていき、やがて神秘さに欠ける夜明けの儀式がはじまると、雪がきらめく世界に砕けていった。夜のあいだに、あたり一面に霜がおりていた。そして鳥たちは、命の重みに十分たえきれない様子で、あちらこちらを跳び歩いたが、銀の道に鳥たちが移動した跡は残されていなかった。ところどころに見えている暗がりは、風雨から守られている生垣であったが、その生垣のおかげで、大地のいろどりを覆い隠している白銀の単調さが、やぶられていた。頭上の空は朱色から濃紺へと、濃紺から淡い空色へと移り変わっていき、あまりに淡い色なものだから、広大な空間というより、薄い障子紙で隔てられているかのようだった。平坦な野原を横切ってくるのは、冷たく、静かな風で、木々から素晴らしい粉雪を吹き飛ばしたが、冠をいだいた生垣は微動だにしなかった。地平線上に姿をみせると、太陽はみるみる高くあがっていき、高くあがっていくにつれて、太陽は熱を放つようになり、その熱が凍てつく風といりまじった。

熱を放つものが現れたかと思えば、寒さが運ばれてくるという繰り返しのせいで、その浮浪者は夢を妨げられたのかもしれなかった。しばらく彼は自分をおおっている雪と格闘したが、それは気がつけば寝床で不快そうに体をひねっていた男の仕草そのものであったからだ。「おやまあ! 寝床にいるつもりでいた」彼は思いながら、人の気配のない風景へ入っていった。「それなのに、ずっと外にいたとは」彼は両の足をのばすと、用心しながら立ち上がり、体から雪をはらった。そうしているあいだ、風のせいで彼は震えてしまい、自分がいた寝床が温かったことに気がついた。

 

On the Brighton Road

Richard Middleton

          

 Slowly the sun had climbed up the hard white downs, till it broke with little of the mysterious ritual of dawn upon a sparkling world of snow. There had been a hard frost during the night, and the birds, who hopped about here and there with scant tolerance of life, left no trace of their passage on the silver pavements. In places the sheltered caverns of the hedges broke the monotony of the whiteness that had fallen upon the coloured earth, and overhead the sky melted from orange to deep blue, from deep blue to a blue so pale that it suggested a thin paper screen rather than illimitable space. Across the level fields there came a cold, silent wind which blew a fine dust of snow from the trees, but hardly stirred the crested hedges. Once above the skyline, the sun seemed to climb more quickly, and as it rose higher it began to give out a heat that blended with the keenness of the wind.

 It may have been this strange alternation of heat and cold that disturbed the tramp in his dreams, for he struggled tor a moment with the snow that covered him, like a man who finds himself twisted uncomfortably in the bed-clothes, and then sat up with staring, questioning eyes. “Lord! I thought I was in bed,” he said to himself as he took in the vacant landscape, “and all the while I was out here.” He stretched his limbs, and, rising carefully to his feet, shook the snow off his body. As he did so the wind set him shivering, and he knew that his bed had been warm.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.