アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」23章192回

 ジョニーは、日々を無事に過ごしていった。メイドメント・エンド・ハーストで、彼は仕事に打ち込んだ。今や、家が憂鬱な場所となっていたせいもあり、それに彼は気の利いた若者で、作業所の同じ年頃の若者と比べても、あるいは数ヶ月年上の若者たちと比べても優れていた。エンジンのアイリッドを戻すこともできるようになり、鉄のやすり粉や金剛砂の砂塵を放り投げる手際もよく、ねらいをはずすことなく、外科医を驚かせるほどの腕前だった。その作業は、どの見習いたちも慣れていくものではあったが、ジョニーが抜きんでて器用なのはプライドがあるせいでもあり、また懸命に努力した結果の優秀さのせいでもあり、機会があれば練習をして完成したおかげでもあった。ジョニーにすれば、名誉をあたえられたように感じた記念日のことだが、親方のコッタムが作業場の端から怒鳴りつけてきて、こっちにきて、いっしょに目をひからせて、真鍮の粉をうちまかすようにといった。「いや、おまえじゃない」コッタムさんは、即座に助けを申し出た近くの者たちにいった。「これは納屋の扉の釘のように打ちつけないといけない。メイの若造はどこにいる? ジャック・メイの若造はどこにいる?」

 実用に即した知識の大半を、ジャックはロング・ヒックスから仕入れていた。この世捨て人は、これまで唯一親しんできたのはアコーディオンだけだったが、今は第二の趣味を宣言していた。それは見習い奉公がおわるまえに、ジョニーをメイドメント・ハースト一の職工にするということであった。「勝ち目はある」ロング・ヒックスはいった。「おまえが見習いをしているのは小さな仕事だが、一流の職工になるには一番いい訓練だ。おれは腕のいい取り付け工に数えられているが、大きい仕事にたいがいの時間をついやしている。そんなことをしなければ、もっと腕がよくなるんだがなあ」

 

JOHNNY’S months went uneventfully. At Maidment and Hurst’s he applied himself zealously to his trade—the more because home was a dull place now—and he was as smart a lad as any in the shop of his age, or perhaps of a few months older. He could turn back an eyelid, too, and whip away an iron filing, or a speck of emery grit, with such address and certainty as might astonish a surgeon. The operation was one that every engineer’s apprentice grew apt at, and exceptional dexterity like Johnny’s was a matter of pride, a distinction zealously striven for, an accomplishment to exercise at every opportunity. Johnny felt that he had passed with honours on the memorable day when Cottam, the gaffer, roared to him from the other end of the shop to come and attend to his eye, afflicted with a sharp grain of brass. “No—not you,” quoth Mr. Cottam, in answer to instant offers of help from those hard by. “This ‘ere’ll stick like a nail in a barn door. Where’s young May? D’y’ear? Where’s young Jack May?”

Much of his practical knowledge Johnny owed to Long Hicks. That recluse, whose sole friend hitherto had been his accordion, now declared for a second hobby, which was to turn Johnny into the best workman at Maidment and Hurst’s before his time was out. “You’ve got all the chances,” said Long Hicks. “You’re servin’ yer time on small work—alwis best for trainin’ a first-rate man. I’m reckoned a good fitter, but I served time mostly on big work, or I’d ‘a’ bin better.”

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.