アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」23章193回

 ロング・ヒックスはジョニーに助言したが、それによれば見習い期間が終わって、もし陸で暮らすにしても、彼には機関士がむいているということだった。「就業証明をとったら、もう大丈夫」彼はよく口にした。「就業証明の内容がよいほど、うまくいく。海で働くにしても、陸で働くにしても。見習い期間がおわったら、すぐに四、五年、立派な船で働くんだ。もし仕事が見つかればだけど。他の職場は、お前みたいに目端のきく若者には、瞬きするくらいに簡単だろう。おまえは上手に、丁寧に製図を描くことができる。おれも正確に部品をとりつけることができる。でも丁寧に製図を描くことはできないんだ。いろいろ言ったけど、お前がこれから第二段階も見事にやりとおせると信じている。おれもそうするべきだったんだな、たぶん。でも俺の頭は、試験とかになると駄目なんだ。それに学校にも十分に行ってなかった。複雑な計算になると、すごく時間がかかってしまってたから。おまえも、いろいろな掛け算となると何とも思わない訳じゃないだろうが」

 ジョニーも、算術について学んでから、月日がずいぶん経過していることを認めた。

 「そうだなあ」ヒックスは答えた。「おれも算術は勉強しているけど、手におえないからなあ。どうすれば出来るようになるかは知っている。でも、実行するとなると難しい。すごい努力が必要だからなあ。トン、重量不足、クォーター、ポンド、オンス、グレンに500をかけたり、27683をかけたりする。こうした作業には際限がなくて、ずっと頭をつかうことになるが、カチャカチャ計算したところで、結局、100万くらい間違ってしまう。その試験やら何やらで、俺はしょっちゅう気が狂いそうになって、まるで足し算をまっている餓鬼のようだ。 たまらんよ。」それからロング・ヒックスは、そうしたことを考えたせいで、眉間にしわをよせた。

 

He recommended Johnny to qualify as a marine engineer when his apprenticeship was over, even if he intended to live a shore life. “You get yer c’tificates, an’ then you’re all right,” he would say. “An’ the better c’tificates you get the better you’ll do, afloat or ashore. So as soon as your time’s out, off you go an’ serve your year at sea as fourth or fifth of a good boat, if you can get the job. The rest’ll be easy as winkin’ to a quick young chap like you. You can draw nice an’ neat—I can put a thing down acc’rate enough, but I can’t draw it neat—and what with one thing an’ another I b’lieve you could pass your second now. I ought to ‘a’ done it, p’raps, but I lose me ‘ed at any-thin’ like a ‘xamination. An’ I never ‘ad over-much schoolin’. Them compound multiplications ‘ud ‘ave me over ev’ry time. I s’pose you don’t think nothin’ of a compound multiplication?”

Johnny admitted that he had gone a long way beyond that rule of arithmetic.

“Yus,” Hicks answered. “I’ve got beyond it, too, teachin’ meself. I know ‘ow to do ‘em well enough. But Lord! what a strain they are! Tons, ‘undredweights, quarters, pounds, ounces, an’ grains, an’ multiply ‘em by five ‘undred an’ twenty-seven thousan’ six ‘undred an’ eighty-three. There ain’t no end to a job like that, an’ yer brain on the stretch all the time, ‘cos a tick out’ll make it about a million tons wrong in the end. It ‘ud send me foamin’ mad, at a ‘xamination an’ all, with a chap waitin’ for the sum! Phew!” And Long Hicks’s forehead went clammy at the fancy.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.