アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」23章194回

「でも、そこでも」彼はつづけた。「おまえなら大丈夫だ。第二段階の試験も、ビー玉をはじくようにやっつけるだろう。そうしたらお前も親方に、それも一番上の親方になるだろう。商工取引所の会員になって、えらい親方にでも、好きな何にでもなることができる。本当だとも。それから、ひょろ長い男は敬意と賞賛をこめて、ジョニーの顔を見つめ(ジョニーは、ヒックスのベッドに腰かけていた)、その熱心さのせいで、彼が予言した勝利をこの若者がおさめたかのように思いこんでいた。

 だが、やるべき課題があったので、ジョニーはその課題に取り組んだ。機械製図だ。その目新しさが消えかける頃には、あまり嬉しいものではなくなっていたが、それでも学校にかよう男の子のように、無邪気に製図の練習をしていた。それは十進法と帯分数のつまらないものになりがちだった。それでも、しばらくすれば魅力もでてきて、課題の原則をつかって徐々に展開してみることに魅力を感じることもあれば、扱いやすさにもつながる蒸気エンジンの見事な複雑さについて、少しずつ明らかにしていくことに魅力を覚えた。やがて、その完璧なまでの部品の美しさが姿をあらわすようになると、そこには驚きにも似た何かがあった。しかしながら、こうした感情も、精通するようになるにつれて、価値がなくなってきて陳腐なものとなった。そのときには、彼の作品はただの仕事にすぎなくなった。見習い期間の半分が終わる頃、彼はそういう様子であった。もう彼は十八になり、がっしりした若者になっていた。

 

“But there,” he proceeded, “you’re all right. You’ll knock auf your second’s examination easy as marbles; an’ then you’ll do yer chief’s ‘an extry chief’s all in one, an’ then you’ll do the Board o’ Trade, an’ be a guarantee chief or anythin’ ye like! You will, by George!” and the lank man gazed in Johnny’s face (Johnny was sitting on Hicks’s bed) with much respect and admiration, being fully persuaded, in the enthusiasm of the moment, that the lad had already as good as achieved the triumphs he prophesied.

But there was work to do, and Johnny did it. Mechanical drawing, when its novelty had worn off, was less delightful than the fancy-free draughtsmanship he had practised as a schoolboy, and it had an arid twang of decimals and vulgar fractions. Still, for a time there was a charm in the gradual unfolding of the inner principles of his work, and in the disclosure, piece by piece, of the cunning complication that stood ministrant on the main simplicity of a great steam engine; till the beauty of the thing in its completeness came in sight, with something of surprise in it. Though this, too, grew a commonplace as familiarity cheapened it, and then his work was work merely. And so it went till half the time of his apprenticeship was over, and he was eighteen, and a sinewy young fellow.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.