アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」23章198回

ベッシーは炉辺に座って、縫物をしていた。バトスンさんは、この世にひどくムシャクシャしていたものだから、いじめる相手が必要だった。そこでベッシーは神の意志による手頃な相手としか言いようがなかった。彼は葉巻きを口にくわえ、部屋の端にある棚のほうに大股で歩いていき、少女のことも、彼女が腰かけていた椅子も、松葉づえも突き飛ばした。その棚には、ベッシーの宝物である、ぼろぼろになった本が数冊あった。彼はその本のなかから、適当に数ページをちぎり、床に紙片を落としながら、ねじって束にすると、ガスの炎に投げ込んだ。

 ベッシーは、彼の腕をつかんだ。「お願いだから、やめて」彼女は懇願した。「どうか、やめて。本のページは燃やさないで。マントルピースの上には、私が焚きつけ用につくったものがあるから。やめて、本を燃やさないで」

 たしかにガラスの花瓶には、点火用のこよりがたくさん入っていた。だが彼は、肘で彼女の顔をついて、後ろのほうに突き飛ばすと、さらに粗暴なふるまいにでた。彼は、かけがえのない本のページで自分のパイプに火をつけた。それからベッシーが泣いているかたわらで、棚から本をつかみだし、火にむかって放り投げた。この蛮行に、彼女はさらに必死になって嘆願しながら、足をひきずって前の方にすすみ、本をつかみとろうとした。バトスンさんは足をすばやくだして、彼女の健康なほうの足をすくうと、炉格子のところにひきずりこんだ。

 「いいか」彼は唸ると、抗おうとするこの者にたいして猛り狂った。「本を離せ。おれがそこに置いたんだから。いいか。これからお前にすることをよく見ておけよ。お前は本当にいまいましい怠け者だ、このびっこめ!」彼女が立ち上がろうとすると、彼はその肩をつかんで前におした。「いいか、自分の食い扶持は稼ぐんだ。怠け者の雌犬め」

 

Bessy sat by the fireside, sewing. Mr. Butson was angry with the world, sorely needing someone to bully, and Bessy was providentially convenient. He put a cigar into his mouth and strode across to the shelf in the corner, shoving the girl and her chair and her crutch out of his way in a heap. The shelf carried Bessy’s tattered delight of old books; and, dragging a random handful of leaves from among them, while a confused bunch fell on the floor, he twisted up one leaf and thrust it into the gas flame.

Bessy seized his arm. “O don’t!” she pleaded. “Please don’t! Not out of the book! There’s a lot I made on the mantelpiece! Don’t, O don’t!”

Indeed a glass vase stood full of pipe-lights. But he jerked his elbow into her face, knocking her backward, and swore savagely. He lit his pipe with the precious leaf, and then, because Bessy wept, he took another handful from the shelf and pitched it on the fire. At this, pleading the harder, she limped forward to snatch them off, but Mr. Butson, with a timely fling of the foot, checked her sound leg, and brought her headlong on the fender.

“Yus,” he roared, furious at the contumacy, “you take ‘em auf, when I put ‘em on! Go on, an’ see what I’ll do to ye? Damn lazy skewshanked ‘eifer!” He took her by the shoulder as she made to rise, and pushed her forward. “Go an’ earn yer livin’, y’idle slut!”

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.