アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」22章207回

 こうした小遠足には、むろん金がかかった。だが金をひきださないとしたら、卑しい、小さな店をつづけることにどれほどの意味があるのだろうか。その店は実に繁盛していた。ミセス・バトスンとびっこの娘は、むかつくような臭気のなか、一日中ベーコンをゆでて、ベーコンが冷めるとすぐに売りにだした。他の品もよく売れた。朝、店をあけたときから、ジョニー少年がシャッターを閉めるときまで、ミセス・バトスンは絶え間なく給仕の仕事をつづけ、手を休めるのは煮ているときだけで、食事に五分も時間をかけなかった。娘がベーコンのそばから離れ、店の手伝いにたつこともしばしばであった。とても結構なことである。すべてが利益につながるのだ。ミセス・バトスンには、そう簡単にいくものではないということを彼に信じさせることができなかった。商売に関する惨めな話に、彼が関心を持とうとはしなかったせいであった。これが、こうした階級にいる連中の人生なのだ。そうした人々には、一抹の貧乏臭さがつきまとっていた。どれほど金が入ってきても、その金をつかうことに関して、人々は狭い見方から脱することはなかった。ジョニー少年は、見た目には成人であり、母親が結婚した頃には一週あたり八シリングもってきていて、やがて十シリングになり、それから十二シリングになった。さらに一年につき二シリングずつ増えていくことだろう。だが実際のところ、母親は彼に服を買い与えては金を浪費していた。それでも、いくらかは残った。それにミセス・バトスンが娘を外に働きにだしたら、金はもっと残ることだろう。読書なんかさせて時間を無駄にさせなければいいのだ。森の家からの賃貸料もあった。毎週、ボブ・スモールピースが郵便為替でおくってきたが、独身男性からの手紙は夫が開封することになっていたので都合がよかった。バトスンさんは、この件で彼女をわずらわせることなく、為替を現金にかえた。

 

These little excursions cost money, of course, but then what was the good of keeping an ignoble little shop if you couldn’t get money out of it? And the shop did very well. Mrs. Butson and the girl—the cripple—were boiling bacon (the smell was disgusting) all day long, and they sold it as fast as it was cold. And other things sold excellently too. From the time when she took the shutters down in the morning to the time when the lad Johnny put them up at night, Mrs. Butson was unceasingly at work serving—unless she were boiling—and scarce had five minutes for her meals; and often the girl had to leave the bacon and help in the shop too. Very well—all that meant profit. The woman couldn’t make him believe that it didn’t, merely because the wretched details of trade failed to interest him. That was the way of people in that class of life—there was a touch of the miser about all of them. No matter how the money came in, they persisted in their narrow views as to spending it. And there was other income, in addition. The lad Johnny—he was almost a man to look at—brought his mother eight shillings a week at the time of the wedding, and then ten shillings, and then twelve; more, it would increase two shillings a year; but in truth his mother was unduly extravagant in buying him clothes. Still at anyrate there was something, and there might be more if only Mrs. Butson would turn the girl out to earn a little, instead of letting her waste her time reading, and confirming her in habits of idleness. And there was the rent from the cottage. This came every week by postal order from Bob Smallpiece, and since it was fitting that a husband should open letters sent his wife by a single man, Mr. Butson cashed the orders without troubling her in the matter at all.


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.