アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」24章214回

だが、学校の日程について問い合わせる労をとらなかったものだから、ふたりが到着した夜はダンスがなかった。ふたりは腹をたてて、辛辣な言葉で責め立てた。自分たちの気まぐれと学校の予定が一致しないことに憤慨すると、婦人は金めっきの片眼鏡をふりかざして、実に、あきらかに重要なことなのだと威圧的な威厳をふりかざしたものだから、ふたりをなだめる方向に話し合いがすすんでいった。そしてついには、急に審議した挙げ句、夜の授業がなくなった。ダンスの時間に急遽変更することになり、音楽は学校のピアノと若いアマチュア演奏家によるバイオリンで間に合わせることになった。

 娘たちが嬉々として、洋裁のクラスからやって来た。若者たちは大急ぎで木綿の体操服から、登校時の服装に着替えた。娘たちも、若者たちも皆、自分たちが見せ物になるということは気がついていなかった。学校にダンスシューズを置いていた者は、自分の先見性に勝利を感じた。彼はどうかといえば、ノラ・サンソンが他の娘たちと一緒にやってくるのに気がついた。あいかわらず一人離れて、内気そうにしていた。彼は、この好機を両手でつかむことにした。

 

But, having taken no pains to inform themselves of the order of things at the Institute, they arrived on an evening when there was no dancing. This was very annoying, and they said so, with acerbity. They were, indeed, so very indignant at the disconformity of the arrangements to their caprice, and so extremely and so obviously important, and the lady waggled her gilt-handled lorgnon with such offended majesty, that it was discussed among those in direction whether or not something might be done to appease them. And in the end, after a few hasty inquiries, the classes were broken up for the evening and an off-hand dance was declared, to the music extracted from the Institute piano and the fiddle of a blushing young amateur.

The girls came in gay and chattering from the dressmaking class, and the lads rushed to exchange gymnasium-flannels for the clothes they had come in—all unconscious that they were to be made a show of. They who kept their dancing-shoes on the premises triumphed in their foresight, and Johnny was among them. As for him, he had seen Nora Sansom coming in with the others, alone and a little shy, and he resolved to seize occasion with both hands.


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.