アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」28章237回

彼女が口にするようになったのは、向かいの造船所が閉鎖されるかもしれないという噂だった。たしかにテムズ河畔の造船所の多くは、最近、閉鎖されていた。そうなれば、店もおしまいだと彼女は言い、それまでのあいだに少しでも節約をしようとした。バトスンさんの目からすれば、当然のことながら、ばかばかしい振る舞いだった。造船所について女たちが囁く噂に、バトスンさんは何の関心もしめさなかった。彼は、卑しい商売のとるに足らない話にいらいらした。もし妻が儲けの源が干上がったとしても、他の収入源を探して解決すれば、それですむ話である。彼は欲しいものを手に入れているかぎり、いかにして儲けているかについて心を煩わせることはなかった。だが今、彼は欲しいだけの金額をもらえず、妻が融通してくれる金額も減り始めていた。ジョニーが稼いでくる僅かな金には手をつけないということまで、彼女はほのめかしていた。ジョニーがその金を自分で管理すべきだと彼女は考え、その金で服を買ったり、見習い期間が終了したときのために貯えておいたほうがいいと考えていた。こうしたこと以外にも、バトスンさんがかなり疑っていたのは、ジョニーがこれまでにも稼いだ金を自分のものにしてきたのではないかということであり、ミセス・バトスンが卑しいごまかしをして、現金を保管する箱からジョニーの稼ぎを別にした金額を、毎週の収入として告げてきたのではないかということだった。これは純然たる着服行為だ。それにイッピング・フォレストの小屋があった。彼女は離れた当初は売ろうとしたけれど、今では売ろうとはしなかった。あの小屋があったからといって、何か役にたつのだろうか。たしかに毎週3.6ペンスの賃貸収入が入ってきたが、大した金額ではなかった。有名なバーで飲めば、一杯、あるいは半杯にしかならないだろう。小屋を売れば、それなりの金額が入ってくる。おそらく百ポンドか、少なくとも八十ポンドにはなるだろう。その金額に彼の血はわきたった。八十ポンドも手にすることができるとは、なんて素晴らしい考えだろうか。その金をうまく運用すれば、みすぼらしい小屋の3.6ペンスにこだわらなければ、財産をこしらえることもできる。競馬の平地レースの確実な馬にうまく投資できれば、一週間で二倍に増やすことができるだろう。そこで森の小屋を売って金を手に入れる計画を打ち明け、その儲けを運用していくつもりだと主張した。だが愚かな女は同意しなかった。彼女が家庭における自分の重要性を過大評価していることは明らかだが、それは最近、あまり罵られることもなければ、突き飛ばされたりすることもなく、殴られることも、腕をねじりあげられたり、つねられたりすることもなかったからだ。確かに女性にたいする親切のなかでも、そうしたことは最悪の行為だが、それにしても、この状況に彼女はいい気になっているにちがいない。

 

She spoke of a rumour that the ship-yard opposite might close, as so many other Thames ship-yards had closed of late years. That, she said, would mean ruin for the shop, and she must try to save what little she might, meantime. An absurdity, of course, in Mr. Butson’s view. He felt no interest in the rumours of old women about ship-yards, and petty measurement of the sordid chances of trade irritated him. If his wife found one source of profit running dry, she must look out and tap another, that was all. So long as he got what he wanted he troubled little about the manner of its getting. But now he ran near having less than he wanted, and his wife was growing even less accommodating. She went so far as to hint of withholding the paltry sum the lad earned; he should have it himself, she thought, to buy his clothes, and to save toward the end of his apprenticeship. More than this, Mr. Butson much suspected that Johnny had actually had his own money for some while past, and that Mrs. Butson had descended to the mean subterfuge of representing as his earnings a sum which in reality she extracted each week from the till; an act of pure embezzlement. And then there was the cottage in Epping Forest. She wouldn’t sell it now, though she wanted to sell when she first left it. What good was there in keeping it? True there was threeand-sixpence a week of rent, but that was nothing; it would go in a round of drinks, or in half a round, in any distinguished bar; and there were deductions even from the three-and-sixpence. Sold, the cottage might produce a respectable sum—perhaps a hundred pounds—at anyrate eighty. The figures stirred his blood. What a magnificent dash a man might cut with eighty pounds! And a fortune might be made out of it, too, if it were used wisely, and not buried away in a wretched three-and-sixpenny cottage. Properly invested on judicious flat-race Certainties, it would double itself about twice a week. So he made it very plain to Nan that the sale of the cottage for what it would fetch and the handing over of the proceeds was a plan he insisted on. But the stupid woman wouldn’t see it. It was plain that she was beginning to over-estimate her importance in the establishment, by reason that of late she had not been sufficiently sworn at, shoved, thumped, and twisted and pinched on the arms. That was the worst of kindness to a woman—she took advantage.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.