アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」29章243回

バトスンさんもおそらく少しは安堵しただろうが、その夜、家に戻ると、すべてが静まりかえり、ジョニーも寝床にはいっていた。彼は、自分が遅く戻ってきたせいで一悶着おきるのではないだろうかと思っていたからだ。だが数日後の夜、いつもより早く鉄道の駅から戻ってくると、ジョニーが通りでよびとめた。

 「話がある」彼はいった。「ドックの壁まできてくれ」

 彼の様子は静かで、事務的であったが、バトスンさんはいぶかしく思った。「どういう用だ?」彼は訊ねた。「ここでは話せないのか」

 「いや、だめだ。ひとが大勢いすぎる。もし来れば、お前のポケットに金がはいる」

 バトスンさんは歩きはじめた。何が待ち受けているのか想像できなかったが、ジョニーは、いつも本当のことを話した。その彼が、ポケットに金がはいると言ったのだから、これは望ましい手配というべきだろう。ドックの壁は、角を曲がったところにあった。高く、傾斜した壁が、まばらに灯りがともされた道の片側にあったが、夜になると人影がない道をたどっていくと階段があり、通りから更にあがっていくようになっていて、その上にある低い壁には出入り口が一カ所あった。

「おい、どうした?」バトスンさんは、ジョニーがガス灯の下で立ち止まり、ひとけのない道を見渡していると、疑わしそうに訊ねてきた。

「たったこれだけのことだ」ジョニーは、断固とした口調でいった。「母さんから、毎週、ぼくの金をとろうとしていただろう。母さんがぼくに任せた金なのに。さあ、ここに先週分のぼくの金がある」彼は、手のなかにあるものをふってみせた。「これをやろう。ただし、おまえがそこに立って、ぼくと闘うならだ」

「なんだって? お前と闘うだと? お前とだと?」バトスンさんは笑い声をあげたが、ひそかに不安を感じていた。

「そう、ぼくとだ。お前は闘うなら、女や足の不自由な女の子のほうがいいのだろうが。でも、神様がお前にチャンスをあたえてくださって、ぼくと闘うことになった。さあ」ジョニーは上着をほうりなげ、帽子をその上に放った。

 

  1. BUTSON was perhaps a shade relieved when he returned home that night and found all quiet, and Johnny in bed. He had half expected that his inopportune return might have caused trouble. But the night after, as he came from the railway station, a little earlier than usual, Johnny stopped him in the street.

“I want to speak to you,” he said. “Just come round by the dock wall.”

His manner was quiet and businesslike, but Mr. Butson wondered. “Why?” he asked. “Can’t you tell me here?”

“No, I can’t. There are too many people about. It’s money in your pocket if you come.”

Mr. Butson went. What it meant he could not imagine, but Johnny usually told the truth, and he said it would be money in his pocket—a desirable disposition of the article. The dock wall was just round a corner. A tall, raking wall at one side of a sparsely lit road that was empty at night, and a lower wall at the other; the road reached by a flight of steps rising from the street, and a gateway in the low wall.

“Well, what is it now?” Mr. Butson asked, suspiciously, as Johnny stopped under a gas-lamp and looked right and left along the deserted road.

“Only just this,” Johnny replied, with simple distinctness. “You wanted mother to give you my money every week, though in fact she’s been letting me keep it. Well, here’s my last week’s money”—he shook it in his hand—”and I’ll give it you if you’ll stand up here and fight me.”

“What? Fight you? You?” Mr. Butson laughed; but he felt a secret uneasiness.

“Yes, me. You’d rather fight a woman, no doubt, or a lame girl. But Pm going to give you a change, and make you fight me—here.” Johnny flung his jacket on the ground and his hat on it.


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.