アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」29章244回

「そんな馬鹿な真似はやめろ」バトスンさんは、傲慢に言い放った。「上着を着て家に戻るんだ」

「ああ、すぐに」ジョニーは不気味にも同意した。「すぐに家に戻るとも。おまえも一緒に連れ帰るとも。いいか。わかっているからな。お前は、家に戻って母さんのことを殴ろうと考えていただろう。頼まれもしないのに。それとも妹を殴ろうとしていたのか。それなら、僕のことを殴れ。そのかわり、その礼はしてやるからな」

 バトスンさんは少し不快になった。「おそらく、お前は」彼はせせら笑った「ナイフか火かき棒を持っているんだろう。この前、脅かしたときのように」

「ただの棒も持ってない。お前は臆病者だ。僕より体は大きいし、体重も重いのに。いくぞ―」彼は、男の口のまわりを殴りつけた。

「さあ、闘うぞ」

 バトスンは歯をむきだしにして唸り声をあげると、ジョニーの頭をめがけて、杖をふりおろした。だがジョニーの腕が稲妻のようにのびると、バトスンは転がっていた。「お前がしょっちゅうしていたことだ」ジョニーは言いながら、相手の腕をつかみ、杖をねじ曲げた。「さあ、たて。いいか」

 バトスンさんはしゃがみこんだまま息をきらしていた。そっと鼻に触れたが、その部分は頼りなく、出血していることに気がついた。まるで暗闇で稲妻にうたれたかのようだった。しゃがみこんだまま横をむくと、彼は立ち上がった。

「僕を殴ればいい。さあ、殴れ」ジョニーは言うと、相手と向かいあった。「ぼくのたったひとりの母さんなのに、このろくでなしめ。さあ、お前のことを殴ってやる。いいか」彼は、相手の耳をつかむと捻りあげ、そのまま顔を叩いた。この扱いが、羊のような男を目覚めさせた。バトスンはジョニーに挑み、つかみかかると、相手をひきすった。ジョニーにすれば、願ってもないことだった。彼は地面を耕しながら、なかば武装した状態でイグサを調べた。だが、相手の動きをとめると、すばやいダブルを左にくりだした。顔が紅潮していた。

 

“Don’t be such a young fool,” quoth Mr. Butson loftily. “Put on your jacket an’ come home.”

“Yes—presently,” Johnny replied grimly. “Presently I’ll go home, and take you with me. Come, you’re ready enough to punch my mother, without being asked; or my sister. Come and punch me, and take pay for it!”

Mr. Butson was a little uncomfortable. “I suppose,” he sneered, “you’ve got a knife or a poker or somethin’ about you like what you threatened me with before!”

“I haven’t even brought a stick. You’re the sort o’ coward I expected, though you’re bigger than me and heavier. Come—” he struck the man a heavy smack on the mouth. “Now fight!”

Butson snarled, and cut at the lad’s head with the handle of his walking stick. But Johnny’s arm straightened like a flash, and Butson rolled over.

“What I thought you’d do,” remarked Johnny, seizing his wrist and twisting the stick away. “Now get up. Come on!”

Mr. Butson sat and gasped. He fingered his nose gently, and found it very tender, and bleeding. He seemed to have met a thunderbolt in the dark. He turned slowly over on his knees, and so got on his feet.

“Hit me—come, hit me!” called Johnny, sparring at him. “Fancy I’m only my mother, you cur! Come, I’m hitting you—see! So!” He seized the man by the ear, twisted it, and rapped him about the face. The treatment would have roused a sheep. Butson sprang at Johnny, grappled with him, and for a moment bore him back. Johnny asked nothing better. He broke ground, checked the rush with half-arm hits, and stopped it with a quick double left, flush in the face.


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.