アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」29章245回

 バトスンの、完全なる敗北であった。ジョニーは必死であり、正確に攻めながら、冷静さを保ち続けた。哀れなバトスンのほうが身体は大きく、体重も重いのだけが、甘い生活のせいで筋肉がたるみ、攻撃の技をもっていなかった。だが隅に追い詰められた鼠のように戦った―優勢にたつことのないまま、相手を蹴ったり、噛んだり、殴ったりしながら、無我夢中で取っ組み合いをした。だが少しも方向性はなかった。敵はあまりに冷静で、またあまりに素早く、動きだす前にすべての動きの見当をつけ、残酷なまでの正確さで連打してきた。

「嫌になればいつでも」ジョニーがこういったとき、バトスンはよろめき、壁にもたれかかった。「やめることもできる。わかっているだろう。警察をよべばいい。むこうの通りには、いつも警察官がひとりはいる。ただ叫ぶだけでいい。ただし、お前がさけぶ前に殴ってやる」

 そして彼は強打した。耳を強く殴ると、バトスンの頭はふたたび壁のほうにのけぞった。もう片方の拳をくりだすと、また頭はのけぞった。彼は地面に倒れた。

「たつんだ」ジョニーは叫んだ。「たて。どうした、たてないか? わかっている。自分で倒れたんだな。ほうっておいてもらうために。だが、おれもしゃがんでやる」こう言うと、彼はバトスンの横にしゃがみ、もう一度殴りつけた。そして再び拳で殴りつけた。

「よせ」バトスンはうなり声をあげた。「俺の負けだ。ほうっておいてくれ」

「お前をほうっておくだと?」ジョニーは言うと、立ち上がりながら、上着に手をのばした。「だめだ。かあさんが頼んでも、お前はほうっておかなかった。そうじゃないか? お前がおれの前を通るたびに、お前のことを殴ってやる。それでもよければ家に戻れ」

 

It was mere slaughter; Johnny was too hard, too scientific, too full of cool hatred. The wretched Butson, bigger and heavier as he might be, was flaccid from soft living, and science he had none. But he fought like a rat in a corner—reeking nothing of rule, but kicking, biting, striking, wrestling madly; though to small purpose: for his enemy, deadly calm and deadly quick, saw every movement ere it was made, and battered with savage precision.

“Whenever you’ve had enough,” said Johnny, as Butson staggered, and leaned against the wall, “you can stop it, you know, by calling the p’lice. You like the p’lice. There’s always one of ‘em in the next street, an’ you’ve only to shout. I shall hammer you till ye do!”

And he hammered. A blow on the ear drove Butson’s head against the wall, and a swing from the other fist brought it away again. He flung himself on the ground.

“Get up!” cried Johnny. “Get up. What, you won’t? All right, you went down by yourself, you know—so’s to be let alone. But I’m coming down too!” and with that he lay beside Butson and struck once more and struck again.

“Chuck it!” groaned Butson. “I’m done! Oh! leave me alone!”

“Leave you alone?” answered Johnny, rising and reaching for his jacket. “Not I. You didn’t leave my mother alone as soon as she asked you, did you? I’ll never pass you again without clouting your head. Come home!”


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.