アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」30章247回

「なにがあったんだ?」ロング・ヒックスは、朝、仕事にむかう途中で訊いた。「手が傷だらけじゃないか」

「ああ」ジョニーはぶっきらぼうに答えた。「けんかさ」

「けんかだと!」ロング・ヒックスは、強く非難しているようにみえた。「どんな連中とつきあうのかは気をつけろ」彼は厳しく言った。「最近、製図も、他のことすべても軽んじているじゃないか。その上、けんかだと」

「恥じていないよ」ジョニーは、陰気に答えた。「今はいろいろ考えることがあるんだ。製図以外にも」

 ヒッックスは相手を見つめ、どもりながら少し答えると、頭にのせた帽子をこすった。質問を続けたものだろうか。

 彼らは黙りこんだまま、少し歩いた。ややしてジョニーは言った。「あいつと闘ったんだ。バトスンとだ」

「なんだって」ヒックスは叫ぶと、大またで歩きながらその言葉について考え、ふたたびジョニーを見つめた。「なんだって。バトスンと闘ったのか?」

 ジョニーは、すべての話をぶちまけた。話していくにつれて、ヒックスは目をかっと見開き、その顔は紅潮したかと思えば、血の気がひいていき、両手は痙攣したかのように開いたり、握りしめたりしていた。何度も、何度も彼はむせ、意味のわからない言葉をどもりながら言った。

「仕事があるから、あの人でなしを見張ることもできない」ジョニーは疲れたように言った。「食べさせてもらっているうちは、やらないだろうけど。お母さんは、別居は世間体が悪いと考えているんだ。裁判官のところに行くだけなのに。こうして打ち明けたのは、君が近所にしゃべらないからだけど」

 その日、ヒックスは週の残りを休暇にすることにしたが、その申し出はコッタム氏を心底驚かせた。ヒックスは、休暇をとらないことで知られていたからだ。

「わかった」親方はうなった。「たしかに今は暇だ。それにまだ使っていない休暇も一日、二日あっただろう。でも休暇がほしいなんてどうした? 陽気な性格になったのか? 女の子を追いかけているのか?」

 

“WHY what’s that?” said Long Hicks on the way to work in the morning. “Got cuts all over yer hands!”

“Yes,” Johnny answered laconically. “Fighting.”

“Fightin’!” Long Hicks looked mighty reproachful. “Jest you be careful what company you’re gettin’ into,” he said severely. “You’re neglectin’ yer drawin’ and everything lately, an’ now—fightin’!”

“I ain’t ashamed of it,” Johnny replied gloomily. “An’ I’ve got other things to think about now, besides drawing.”

Hicks stared, stuttered a little, and rubbed his cap over his head. He wondered whether or not he ought to ask questions.

They went a little way in silence, and then Johnny said: “It’s him; Butson.”

“No!” exclaimed Hicks, checking in his stride, and staring at Johnny again. “What! Bin fightin’ Butson?”

Johnny poured out the whole story; and as he told Hicks’s eyes widened, his face flushed and paled, his hands opened and closed convulsively, and again and again he blew and stuttered incomprehensibly.

“Job is, to drive the brute away,” Johnny concluded wearily. “He’ll stop as long as he’s fed. An’ mother thinks it’s a disgrace to get a separation—goin’ before a magistrate an’ all. I’m only tellin’ you because I know you won’t jaw about it among the neighbours.”

That day Long Hicks got leave of absence for the rest of the week, mightily astonishing Mr. Cottam by the application, for Hicks had never been known to take a holiday before.

“‘Awright,” the gaffer growled, “seein’ as we’re slack. There’s one or two standin’ auf for a bit a’ready. But what’s up with you wantin’ time auf? Gittin’ frisky? Runnin’ arter the gals?”


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.