アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」30章248回

たしかにロング・ヒックスの休日の過ごし方は、なにかを、だれかを追いかけている男のようであった。彼は複雑な散策旅行にでかけ、小さな路地を幾度も曲がりながら、通りを隅々まで歩いた。だが北の方へとむかい、ブロムリー、ボー、オールド・フォードをぬけ、ホマートンや沼地へとむかった。

そのあいだ、ジョニーもひとりで歩いて、職場へとむかい、やがて職場から戻ると、じっと考え込んだ。彼は、母親のバトスンへの態度がまったく理解できなかった。彼女が心配しながらも望んでいるのは、彼を追いはらうことで、ご近所様のあいだで不名誉なことにならないように、店の商いを危険にさらさないような手段をふんで追いはらおうとしていた。彼のせいで、彼女の人生は惨めであった。今でも、彼女は卑劣漢のせいでできた傷や殴られた痕を養生していたが、そうした傷をあたえる権利は彼にはないのだ。彼女が涙する機会は多くなった。ジョニーはどうかと言えば、彼はバトスンのことを容赦しなかった。むしろ相手を苦しめる拷問をあたえることで、おそろしい慰めをひきだしていた。

「いつ出ていくつもりだ?」彼はしばしば言った。「仕事をするくらいなら、養われていたいのだろう。だが、鞭でうたれるのは好きじゃあるまい。小僧に殴られるのも嫌だろう? 仕事をした方がいいぞ。これから僕とここで暮らすよりは。僕は喜んで、お前を仕事好きにしてやる。お前は臆病者だ。僕をやっつけようとしても駄目だ。お前が用心しても無駄だ。早ければ早いほどいい。じきにお前のことをまたぶちのめすぞ」

 ベッシーは、自分の兄が陰気で、乱暴な言葉をはくようになったので呆気にとられていた。彼女といるときは、彼は少しも話しはしないけど、以前よりも親切なくらいであった。だが彼は気晴らしに、家のなかにひっそりと隠れ、人目につかないようにしているバトスンをいじめた。

ノラ・サンソン探しについては、ジョニーは熱が冷めかけている自分に気がつき、漠然と驚きを感じていた。今、そのことで母親に心配をかけるのも意味のないことであった。彼は一時間か二時間、意味もなく歩いて過ごしたが、真っ先に心にうかんだのは、自分は家にいて、バトスンをいじめなくてはいけないということであった。彼はなぜなのか理由はわからなかったが、自己反省に悩まされていた。彼は、ノラはけっしていなくなる筈がないという、内なる確信にまだ気がついていなかった。バトスンに罰をあたえることが早急の関心であったけれど、今のところ、その畜生は、まだ完全には罰されていないように思えた。

 

And indeed Long Hicks spent his holiday much like a man who is running after something, or somebody. He took a walking tour of intricate plan, winding and turning among the small streets, up street and down, but tending northward; through Bromley, Bow and Old Ford, and so toward Homerton and the marshes.

Meantime Johnny walked to and from his work alone, and brooded. He could not altogether understand his mother’s attitude toward Butson. She had been willing, even anxious, to get rid of him by any process that would involve no disgrace among the neighbours, and no peril to the trade of the shop; he had made her life miserable; yet now she tended the brute’s cuts and bumps as though he didn’t deserve them, and she cried more than ever. As for Johnny himself, he spared Butson nothing. Rather he drew a hideous solace from any torture wherewith he might afflict him.

“When are you going to clear out?” he would say. “You’d rather be kept than work, but you don’t like being thrashed, do you? Thrashed by a boy, eh? You’ll enjoy work a deal better than the life I’ll lead you here, I can tell you. I’ll make you glad to drown yourself, mean funk as you are, before I’m done with you! Don’t be too careful with that eye: the sooner it’s well, the sooner I’ll bung it up again!”

Bessy marvelled at this development of morose savagery on her brother’s part. With her, though he spoke little, he was kinder than ever, but it was his pastime to bully Butson: who skulked miserably in the house, being in no fit state for public exhibition.

As to his search for Nora Sansom, Johnny was vaguely surprised to find himself almost indifferent. It would have been useless to worry his mother about it now, and though he spent an hour or two in aimless tramping about the streets, it was with the uppermost feeling that he should rather be at home, bullying Butson. He had no notion why, being little given to introspection; and he was as it were unconscious of his inner conviction that after all Nora could not be entirely lost. While Butson’s punishment was the immediate concern, and as the thing stood, the creature seemed scarce to have been punished at all.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.