アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」31章249回

 ロング・ヒックスの休日は三日間つづいた。そのあいだにバトスン氏の打撲傷のうち小さな傷は緑色にかわっていった。ちょうど午後五時になったときのことであった。ベッシーは店にたっていた。向かいの造船所からきた二十人くらいの男たちは、汚れた青デニムの作業着を着ていた(今日は金曜日だった)。重い足どりで歩きまわる幾百人もの男たちの前衛で、その男たちは毎日あらわれ、出勤記録の箱の前にある置時計のように時間が正確だった。ベッシーは松葉杖をついて立ち上がると、チーズとろうそくの束のあいまに、窓辺から姿をあらわした。金曜日は、家に戻る男たちがあまり多く立ち寄る日ではなかった。その週の稼ぎも残りが少なくなり、贅沢が禁じられるからだ。ベッシーはあまり客を期待していなかった。誰も来る気配はなかった。

 外を眺めていると、体格のいい女が、顔を紅潮させながら、急ぎ足で近づいてくるのに気がついた。女はドアの近くまでくると、足元のロング・ヒックスをみた。彼の顔は狼狽えるあまり、ますます長く見えた。

 女は耳障りな叫び声をあげながら、店の中に入りこんできた。「私の夫に会いにきたのよ

!」彼女はさけんだ。「私の夫はどこにいるんだ?」

「こっちにきて」ヒックスは呼びかけたが、ひどく青ざめ、いらいらとしながら彼女の肩をつかんだ。「こっちにきて。約束を思いだすんだ」

 

LONG HICKS’S holiday had lasted three days, and Mr. Butson’s minor bruises were turning green. It was at the stroke of five in the afternoon, and Bessy was minding shop. From the ship-yard opposite a score or so of men came, in dirty dungaree (for it was Friday), vanguard of the tramping hundreds that issued each day, regular as the clock before the timekeeper’s box. Bessy rose on her crutch, and peeped between a cheese and a packet of candles, out of window. Friday was not a day when many men came in on their way home, because by that time the week’s money was run low, and luxuries were barred. Bessy scarce expected a customer, and it would seem that none was coming.

Peeping so, she grew aware of a stout red-faced woman approaching at a rapid scuttle; and then, almost as the woman reached the door, she saw Hicks at her heels, his face a long figure of dismay.

The woman burst into the shop with a rasping shriek. “I want my ‘usband!” she screamed. “Where’s my ‘us-band?”

“Come away!” called Hicks, deadly pale, and nervously snatching at her shoulder. “Come away! You know what you promised!”

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.