アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」31章250回

「あっちに行ってよ。あたしにかまわないで。のっぽの馬鹿野郎。あたしの夫はどこにいる? あんたなの、あのひとを奪ったのは?」彼女はベッシーのほうをむくと、その顔にむかって喚きたてた。

「ちがう、ちがう」ヒックスはさけびながら、怒りを爆発させそうになっていた。「むこうへ行って、外で話そう」

「話しますよ。もちろんですとも。あの人と話すつもりだから」その女の言葉は、どの音節も耳障りで、頭に響いてきた。もうドアのところには、人だかりができていた。「あの人とも、その女とも話すわよ。信じられない話じゃないか」彼女は話し続けながら、ドアの方にむきなおると、人だかりにむかって熱くまくしたてた。彼女が言葉を発する度に、その人だかりは増えてきた。「自分のことを立派だと言って、レディのように店をかまえている女のくせして。ふざけないでよ。立派な女の旦那を連れていってしまうなんて。どうしようもない怠け者だったけど。あたしのところから逃げて、ほったらかしにして。もう十三年前のことだよ、ワトスンを最後に見たのは」

 少年たちが四方から集まり、走ってきたので、群衆はふくれあがった。女がはりあげる声に人々は集まってきた。店をよく知っている男たちがたくさん立ちどまり、何の騒ぎなのか知ろうとした。みるまにハーバーレーンのすべての窓から、顔がひとつ、ふたつのぞいた。

「あたしの夫なんだよ! あたしの夫はどこなんだ? あたしの夫を奪った女はでてこい」

 ナンもでてきたが、奥の居間のドアのところで立ちどまった。状況は理解できていないながら、恐怖におそわれていた。女がふりかえった。「あんたなの? あんたなんだね」彼女は金切り声をあげると、缶や箱の山をくずして、頭上の宙をかきむしった。「夫をかえして。この恥知らずの女。どこにあの人を隠しているんだい。あたしの夫はどこにいる?」

 

“Take yer ‘and auf me, ye long fool! Where’s my ‘usband? Is it you what’s got ‘im?” She turned on Bessy and bawled the words in her face.

“No—no it ain’t!” cried Hicks, near beside himself. “Come away, an’—an’ we’ll talk about it outside!”

“Talk! O yus, I’ll give ‘im talk!” The woman’s every syllable was a harsh yell, racking to the brain, and already it had drawn a group about the door. “I’ll give ‘im talk, an’ ‘er too! Would anyone believe,” she went on, turning toward the door and haranguing the crowd, that grew at every word, “as ‘ow a woman calling ‘er-self respectable, an’ keepin’ a shop like any lady, kid take away a respectable woman’s ‘usband—a lazy good-for-nothin’ scoundril as run away an’ left me thirteen year ago last Whitsun!”

Boys sprang from everywhere, and pelted in to swell the crowd, drawn by the increasing screams. Many of the men, who knew the shop so well, stopped to learn what the trouble was; and soon every window in Harbour Lane displayed a woman’s head, or two.

“My ‘usband! Where’s my ‘usband? Show me the woman as took my ‘usband!”

Nan came and stood in the back parlour doorway, frightened but uncomprehending. The woman turned. “You! You is it?” she shrieked, oversetting a pile of tins and boxes, and clawing the air above her. “Gimme back my ‘usband, you shameless creechor! Where ‘a’ ye got ‘im? Where’s my ‘usband?”

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.