アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」31章252回

だがバトスンの姿はなかった。彼のパイプが折れた状態で、正面寝室の炉格子にあった。彼のコートが、ドアの裏側にかけてあった。だが、他には何の痕跡もなかった。

 ジョニーは裏庭にかけこんだ。そこも、もぬけの殻だった。だが裏庭には、はしけの老船頭が、片手にはペンキの缶をもち、もう片方の手でペンキを塗っていたが、マストに手をかけたのに登るのをやめたように立ちつくし、目をぱちくりさせながら凝視したまま、口はぽかんとあけていた。彼の家の扉は正面の扉も、裏の扉も開けっ放しだった。ペンキを塗ったばかりのせいであったが、前の通りまで見渡せた。こうした扉をとおって、バトスンさんは一分前に消え、壁をよじ登って、帽子もかぶらずにシャツ姿のまま逃げたのだった。だが老船頭は、そうするのも素晴らしい自由だと考え、ジョニーにも威厳をこめ、そう話した。

 ジョニーは店に急いで戻った。「いなくなった」彼はさけんだ。「裏の扉をしめろ」

 彼は追いかけてもよかったのだが、母親が気絶して倒れてしまい、ベッシーも取り乱して母親にすがっていた。「その女をおいだせ」彼は言った。ヒックスとのあいだに喚きたてる女をはさみ、通りにおしだすと扉をしめた。

 外に追い出されても、彼女はまだ怒っていたが、その声もしわがれていき、やがて警察官がなだめにやってきた。ついに警察官と一緒に立ち去っていったが、それでもずっと大きな金切り声をあげていた。ハーバーレーンは、ナンの恥ずかしい重婚の話題で盛り上がった。

 

But there was no Butson. His pipe lay broken on the front bedroom fender, and his coat hung behind the door; but there was no other sign.

Johnny dashed into the back yard. That, too, was empty. But in the yard behind, the old lighterman, paint-pot in one hand and brush in the other, just as he had broken off in the touching up of his mast, stood, and blinked, and stared, with his mouth open. His house-doors, back and front, stood wide, because of wet paint, and one could see through to the next street. It was by those doorways that Mr. Butson had vanished a minute ago, after scrambling over the wall, hatless, and in his shirt sleeves. And the old lighterman thought it a great liberty, and told Johnny so, with some dignity.

Johnny rushed back to the shop. “Gone!” he cried. “Bolted out at the back!”

He might have offered chase, but his mother lay in a swoon, and Bessy hung over her, hysterical. “Shove that woman out,” he said, and he and Hicks, between them, thrust the bawling termagant into the street and closed the door.

Without, she raged still, and grew hoarser, till a policeman came to quiet her; and in the end she marched off with him, talking at a loud scream all the way. And Harbour Lane flamed with the news of Nan’s shameless bigamy.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: アーサー・モリスン, ロンドン・タウンへ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.